FC2ブログ

【感想】歴史秘話ヒストリア あなたのココロを一刀両断 日本刀ものがたり

●本放送 平成27年 7月 8日(水) 22:00~22:43 総合 全国
●再放送 平成27年 7月22日(水)
14:05~14:48
総合
全国
※再放送の予定は変更されることがあります。当日の新聞などでご確認ください。
エピソード1 日本刀 とっておき鑑賞法
日本刀:十一代古川(会津)兼定
日本刀の鑑賞法、その一は、刀身の模様である刃文や地鉄の美しさを見ること。番組案内役の渡邊アナも実際に刀を手に取って、拝見します。さらにその二は、拵(こしらえ)と呼ばれる さや・つばなどの装飾具をめでること。“よく斬れるが折れにくい”日本刀の特殊な作り方もご紹介。
 
エピソード2 つくってしまえ名刀を!~秀吉と光徳~
武器だった日本刀に“美術品”としての価値が加わったのが戦国時代の末。そこには天下人・豊臣秀吉が大きく関わっていました。秀吉は、当時天下一の刀剣目利きといわれた本阿弥光徳(ほんあみ・こうとく)と組んで公の機関を設けます。それは“刀剣鑑定専門”組織でした!そのねらいとは…?
戦国日本刀ブームをつくった秀吉と光徳(再現)
 
エピソード3 幕末動乱!ある刀鍛冶の生涯
幕末の刀鍛冶として闘った兼定(再現)
幕末・激動の時代。新選組副長・土方歳三の愛刀として有名な刀が「和泉守兼定(いずみのかみ かねさだ)」―会津藩の刀工11代兼定の手がけた日本刀でした。戦いの主役が刀から銃砲へうつりゆく中、兼定は刀鍛冶として生き抜きます。それは、明治の世となり刀も武士も廃れていった時代にあっても…
 
この回ゆかりの地は・・・

黒川古文化研究所
刀剣博物館
月山記念館

参考文献

『日本刀』(本間順治 岩波新書)      
『本阿弥行状記』(日暮 聖 他 東洋文庫)
『刀剣美術第52号 会津刀匠和泉守兼定について』(米山雲外 日本美術刀剣保存協会)
『刀剣美術第571号 会津兼定の作風』(外山登 日本美術刀剣保存協会)
『刀剣美術第580号 資料紹介~審査の現場から~』(日本美術刀剣保存協会)



今回ばかりはTwitterの審神者アカウントから実況しようかと思いましたが、ブログ記事を書くことを念頭に考え、今回も本垢で実況ツイートをしました。本垢にいると歴ヲタさんたちの様々な視点がTLに流れてきて興味深かったり、その専門関係の方々のツイートもRTで回ってくるので参考になるんですよね。
さてさてとうらぶのへし切長谷部推しの私は当然ながら長谷部目当てで観ていたわけですが、ちらっと映っただけでしたね……。ちょっと残念でしたが、皆焼(ひたつら)をじっくり眺めることができたのは僥倖でした。
実は先日へし切長谷部の実物大ポスターを福岡市博物館から送っていただいたのですが、飾る場所がなくて(この梅雨時の湿気にやられても困りますし)お香を入れたボックスにしまいっぱなしになっています。優雅に香り付けされたらいいな……と思って。

へし切長谷部の刀身自体は以前買った別冊宝島『日本刀図鑑』を買って見ることができました。

他にもとうらぶに登場する宗三左文字(義元左文字)や江雪左文字、獅子王、にっかり青江などなど多数の刀のビジュアルが割と大きく紹介されていて、ビジュアルを眺める本としてはお手頃価格だと思います。
私のような初心者にはおすすめです。

さて話をヒストリアに戻しますと、前半は刀のそれぞれの名称の説明、中盤は豊臣秀吉が刀に褒美としての付加価値をつけた話(いかにも秀吉らしいなと秀吉嫌いの私は思ったわけですが)後半は和泉守兼定に焦点を当てた秘話となっていました。
私はとうらぶの一軍に和泉守兼定を入れていて、それなりに思い入れはあったのですが、その刀匠の波乱に満ちた生涯を知ることができて、いっそう愛着が湧きました。
刀匠にとって刀を鍛刀することは生きることそのものなのだなぁと、感心しました。まさに職人魂ですね。

生憎と私の知識はせいぜい戦国時代止まりで幕末にはほとんど関心がなかったんですが(桂小五郎が好きなので強いていえば攘夷派でした)、今回のヒストリアを観て土方歳三のことももっと知りたくなりました。
手始めに司馬遼太郎の『燃えよ剣』を読んでみたいと思います。ヒストリアは歴史に関心をもつきっかけとして観る番組だと思っているので、こうして新たな扉が開かれるのは大いに歓迎ですね。
第二次世界大戦中の金属供出が描かれなかったのは少々残念でしたが……。そこはもう少し掘り下げても良かったのかなと思います。日本の歴史の中ではひとつの大きな出来事でしたし。

現代の刀としてエヴァとのコラボ展も取り上げられていましたね。エヴァファンとしては観に行けば良かったかなと今更ながらに思ったわけですが、時既に遅し……。
それでもこうして現代にまで刀工の技術が伝わっているというのは大変貴重なことではないでしょうか。もはや実戦刀としての価値よりも美術品としての扱いになってしまいましたが、今後も技術が損なわれることなく、後世まで引き継がれていってほしいです。

さて、明日は根津美術館の「江戸のダンディズム」展を母と観に行く予定です。以前から観に行きたかったのですが、なかなか契機がなく……美術展も行くわりにはブログにちゃんと書かないことが多いので、明日行ったらちゃんとレポしたいと思います。どうぞ楽しみにしていてくださいませ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夕星桔梗

Author:夕星桔梗
元日本古代史ゼミ所属。作家志望のアマチュア物書き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
Booklog
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR