FC2ブログ

蛇神にまつわる諸問題 肆



以前禹に関しては「蛇神にまつわる諸問題」で触れた。その禹に関する記述がたまたま図書館で借りてきた本に見られたので記しておく。

禹という字の古い形を見ると「虫」と「九」から成りたっている。この虫は「ヘビ」のこととされ、九のほうは発音を示している。禹、すなわち蛇行するムシ(ヘビ)というイメージは、古代中国のトーテムと関連している。(…)禹の父は鯀(こん)である。この父と子は、中国の伝説では堯と舜に使えたことになっている。当時は、治水こそが政治上の関心事だったのである。「水を治める者、天下を治めるという時代であった。堯と舜のことを「二帝」という。その二帝の治世にあっても、中国大陸の歌仙は庵乱を繰り返していた。帝の命を奉じた鯀は、日夜、治水の事業に没頭した。しかし、彼の心血の最後の一滴まで使いはたしても、治水に成功することはできなかった。
この無念のうちに死んだ鯀の腹のなかから、伝説では禹が生まれたことになっている。しかも鯀の死体は、三年たっても腐らなかった。いぶかしく思った一族の者が、鯀の腹を切りひらくと、そこからは一匹の黄色い龍が現れたという。
こうした伝説は、禹の一族のトーテムを介して読みかえが可能である。彼らは龍(大ヘビ)をトーテムとし、古代中国の中でも最も有力な一つの血族だったのである。その最高の指導者たちが、一般の人と異なる死や出生をもつことは、血族にとっての誇りだった。

動植物をトーテムとする民話は世界各国に見られるが、禹の場合は以前教授がおっしゃっていたように少数民族の間で魚の形をした神だったのが蛇に形を変えて、血族のトーテムとして語られるようになったのではないか。
禹の治水神話については「蛇神にまつわる諸問題」で先述したので省くが、本書に引かれた一文がすべてを物語っているように思う。

龍をトーテムとした一つの血族が、大自然を相手にして果敢に闘争し、治水に成功して、やがて王権の座についた(…)

すなわちここでも征服者と被征服者(龍に代表される河川)がダブっていることに気づかされる。
これもやはり先述したことではあるが、そこにはやはりスサノヲのヤマタノヲロチ退治の神話と共通する構造を見出すことが可能なのではないか。
禹については少数民族の間で魚の形をした神として信仰されていた、と教授から聞きかじったものの、あいにくと文献名を覚えていない。中国の龍蛇信仰に関しても当然日本との関わりは看過できないので今後とも調べていくつもりである。

追記:鯀について「両性具有」とする論文(森 雅子「中国古代の神統記(テオゴニア) : 鯀・禹・啓三代の神話」宗教研究 77(4), 1063-1064, 2004)を見かけたので付記しておく。
両性具有的要素は蛇のもつ特性のひとつでもあるので何ら不思議なことではないが、こうした要素が早くも古代中国において表れているというのは興味深いところである。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夕星桔梗

Author:夕星桔梗
元日本古代史ゼミ所属。作家志望のアマチュア物書き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
Booklog
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR