FC2ブログ

【感想】歴史秘話ヒストリア 師匠、オレは戦国大名になる! “やられ役”今川義元の真実

師匠、オレは戦国大名になる!
“やられ役”今川義元の真実
●本放送 平成27年 5月27日(水) 22:00~22:43 総合 全国
●再放送 平成27年 6月 3日(水)
14:05~14:48
総合
全国
※再放送の予定は変更されることがあります。当日の新聞などでご確認ください。
配役:今川義元 役:大久保ともゆき/太原雪斎 役:白井哲也
エピソード1 戦国大名・今川義元誕生!
太原雪斎と幼き日の今川義元(再現)
桶狭間の戦いで、今川義元は悠然たる大大名として登場しますが、ほんらい今川家の五男、名門大名今川家の当主になれる立場ではありませんでした。その義元を大名に押し上げたのが師・太原雪斎(たいげんせっさい)です。乱世にては自分の居場所は自分でつかみ取れ!戦国大名・今川義元の誕生秘話。
 
エピソード2 目指せ!一流大名
大名になった義元でしたが、外交に合戦に失敗の連続…いきなり領地の4分の1を隣国の大名に奪われてしまいます。どうすれば国を守れるのか―義元は、雪斎の導きのもと、戦国史にのこる画期的な軍事制度や外交政策を打ち出します。義元と雪斎、二人三脚の活躍が戦国の世に嵐を巻き起こす!?
戦国時代を勝ち抜け!策を練る雪斎と義元(再現)
 
エピソード3 運命の桶狭間
今川義元が師・雪斎から引き継いだ思いとは…(再現)
義元最大の敵、それは尾張の大名・織田家でした。雪斎は、義元のため、自ら陣頭に立ち織田家と戦います。しかし、そのさなか、病でこの世を去る雪斎。義元は雪斎の代わりに織田家と戦うことを決意しますが…。戦国日本を動かした合戦のひとつ、桶狭間の戦いを義元の視点から描きます。
 
参考文献

『今川義元―自分の力量を以て国の法度を申付く―』(小和田哲男 ミネルヴァ書房)
『今川義元』(有光友學 吉川弘文館)
『センゴク外伝 桶狭間戦記』(宮下秀樹 講談社)

宗三さんが出るということで、審神者としては見逃せない番組でした。
今川義元というとすぐに想起されるのが大河ドラマ「風林火山」の谷原章介さん演じる今川義元と、伊武雅刀さん演じる雪斎、そして藤村志保さん演じる寿桂尼。何とも濃くてキャラの立った今川家は見ていて新鮮で、それまで軟弱なやられ役なイメージがあった今川義元像が覆されました。
今川家自体にはそんなに思い入れがないので大河ドラマぐらいの知識しかないんですが、今回のドラマを観て改めて雪斎の存在感の大きさを思い知りました。
桶狭間のとき雪斎が生きていたら、また違った展開が見られたかもしれませんね。
最近はすっかり織田信長寄りなので、桶狭間で今川を破った上様さすがかっこいい! と思ってしまうんですが。
それにしてもその信長にも一目置かれていたなんて、今回のヒストリアを観るまで知りませんでした。
宗三さんに義元の名を刻んだのも義元に尊敬の念を抱いていた証、と番組では紹介されていましたね。
twitterでは「ヒストリアだから嘘でしょ」と囁かれていましたが、私としてはもし今川義元が信長にとって取るに足らない相手だったらわざわざ名前まで彫らないと思うんですよね。単なる戦利品として以上の価値がそこにはあったと思います。
そう思うと宗三左文字いとしいです……うちの本丸の宗三さんはまだLv17ですが……。頑張って育てます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夕星桔梗

Author:夕星桔梗
元日本古代史ゼミ所属。作家志望のアマチュア物書き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
Booklog
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR