FC2ブログ

千年の聲 散華と錫杖@スパイラルホール

201401shomyo_omote.jpg


声明とは
日本の仏教寺院で、僧侶が儀式のときに唱える声を「声明」といいます。もとは古代インドの五種の学問(五明)の一つで、言葉の学問(シャブダ・ヴィドヤー)を意味し、サンスクリット(梵語)の学習のため密教とともに日本に伝わりました。一方、仏教の声楽は「梵唄(ぼんばい)」といいますが、日本では鎌倉時代以降は「声明」の用語が「梵唄」の代わりに用いられるようになりました。

仏教が日本へ伝えられたのは6世紀頃ですが、当初の法会は転経(読経)と講経(講義)が主で、声明の遜愛が明らかとなるのは、752年の東大寺大仏開眼供養で唱えられた四箇法要(唄・散華・梵音・錫杖)が最初です。その後、9世紀初めに弘法大師空海により真言声明が、中頃に慈覚大師円仁により天台声明が、中国から伝えられました。そして12世紀平安後期yり14世紀の鎌倉・南北朝に隆盛し、記譜法・楽譜・音律論・演奏法等が整備されました。文明4年(1472年)には、現存する年紀の明らかな印刷楽譜としては世界最古の「声明集」が高野山(南山進流)で刊行され、声明の普及がはかられました。

式次第
第一部「散華」
 散華上段 七聲会 天台魚山聲明より

 同下段 迦陵頻伽声明研究会 真言豊山聲明より

お話 新井弘順 「散華」について

散華上・下段 声明の会・千年の聲 鳥養潮作曲「存亡の秋」

第二部「錫杖」
 錫杖一條 七聲会 天台魚山聲明より

 同二・三條 迦陵頻伽声明研究会 真言豊山聲明より

お話 新井弘順 「錫杖」について

錫杖 一・二・三條 声明の会・千年の聲 鳥養潮作曲「存亡の秋」

「散華」
 香華を道場に散らして本尊に供養する漢語の賛歌。仏が説法するとき天から華が降ってくるという経説に基づく。

「錫杖」
錫杖の功徳を説く漢語の曲。インド伝来の鳴らしもので、修行者が山野を遊行するときに蛇や毒虫を追い払うために打ち鳴らされたという。のちに転じてこの錫杖の音に依り、煩悩を除き三界の苦しみから覚醒する義となる。錫杖は比丘十八物の一具であり、柄の長いものと短いものとがあるが、主に聲明では後者のものを用いる。

声明というものを聴くのは実はこれが初めての機会だったので、なんとなくお経のようなものを想像していたのですが、実際に聴いてみるとその豊かな音楽性に驚かされました。
今回は天台声明と真言声明を同時に楽しめるという得がたい機会に恵まれ、お坊さんのお話でも実際に天台声明と真言声明の違いを比較して聴かせてくださったのでわかりやすく、また興味深かったです。
天台声明はシンプルであるゆえの聖性を感じましたし、真言声明は天台声明と比べるとより音楽性に富んでいる印象を受けました。
またお話では、同じ旋律の繰り返しのようにも聞こえる声明の中に「雲雀返し」と呼ばれる独特な発声法や、真言声明の「錫杖」では急に早くなる部分が入っていたりと、様々な工夫がなされていることを知ることができました。
最後の新作声明「存亡の秋」は作曲家の方があの9.11の同時多発テロを受けてお書きになった曲ということもあってか、まるで聖歌のように声と声とが重なり合い、小宇宙を描き出す壮大な音楽で聞き応えがありました。

それから嬉しかったのは天台宗・真言宗双方の僧服を間近で拝見できたこと。声明を歌いながらお坊さんたちがぐるぐると循環する場面があったので、前方の席にいて大正解でした。天台宗の僧服は無紋で声明と同じくシンプルで厳かな印象を受けましたが、真言宗の僧服は袈裟の衣紋も鮮やかで、全体的に文様が施されていました。

コンサートから一日が経って、再び声明を聴きたくなってきました。またぜひ機会があれば聴きに行きたいです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夕星桔梗

Author:夕星桔梗
元日本古代史ゼミ所属。作家志望のアマチュア物書き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
Booklog
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR