FC2ブログ

【感想】川端康成『反橋 しぐれ たまゆら』

反橋・しぐれ・たまゆら (講談社文芸文庫)反橋・しぐれ・たまゆら (講談社文芸文庫)
(1992/09/03)
川端 康成

商品詳細を見る


「反橋」「しぐれ」「住吉」「隅田川」の四作は母恋の物語という体をなしている。これらの作品には巻末に丁寧な解説が収められているのでそちらに譲るとして、近代文学において母恋というテーマは著名な作家たちの間に共通するものであった。例えば谷崎潤一郎の「吉野葛」泉鏡花の「竜潭譚」など。もっとも日本文学において母恋といえば源氏物語であり、これを踏まえずして日本文学を語ることはできまい。実のところ私は断片的な形でしか読んでいないので、いずれは何らかの形で読みたいと思っているのだが。
川端の一連の四部作に話を戻すと、私の目に止まったのは「私」の背を母(「私」の実の母の妹、つまり義理の母)が琴の爪で掻くというシーンであった。

「かゆい、かゆい、もっと下、下」と私はむずがります。
「だめだめ、爪がない。お琴の爪で掻いて、お琴の爪で掻いて」
「いけません。そんなお琴の爪で」

実はこの「お琴の爪」というのは「私」の実の母のものであった。ここに私はある種のエロスを見出す。それはバタイユの云うところの禁忌の侵犯が象徴的に表現されているからであり、何より人間の身体の細部を捉える川端特有のエロティックな観察眼が光っているからである。
一連の物語に描かれた「私」と「母」の関係は、血が繋がっていながらも実の親子ではないという位置づけにあり、「私」は「母」をひとりの女として見ていることは明らかである。そこには単に母恋と呼ぶよりもある種の性的な欲望――私のいうところの「悪心」が看取される。
鏡花の「竜潭潭」が女人の幻想を描き、谷崎の「吉野葛」が母への慕情を描いているとするならば、川端の一連の作品に描かれた母恋はそれらとは明らかに異質な、もっと生々し質感を伴っている。


「たまゆら」
死者とは永遠の他者である。その永遠の他者である治子が形見として遺した三つの曲玉を巡る物語がこの「たまゆら」であり、「たまゆら」とは三つの曲玉が触れあって立てる音を指す。この「たまゆら」は治子にしか鳴らすことのできない音であり、彼女の死後、三つの曲玉は「私」と治子と付き合いのあった瀬田、そして彼女の妹の礼子に分けられてしまう。
この作品集に収められた作品群の多くは死を描くが、この「たまゆら」では曲玉が生者と死者をつなぐよすがであり、最終的にばらばらになった三つの曲玉は礼子の元へと集まる。話の筋としてはそう複雑ではないが、この曲玉にまつわる川端の描写はいっそ執拗と云っていい。

やわらかい緑のなかの八重桜の色がまたやわらかいので、私は曲玉をかざして、片目にあてると、片目をつぶった。曲玉を通して濠向うの木々を見るつもりだったらしい。ああ、きれいだと私は吐息した。手の指ほどの厚みのある、古代の翡翠を通して、向うの見えるわけはないのだが、曲玉そのものがすきとおって見えたのだ。
青碧色というのか、翠緑色というのか、思ったよりも緑の勝った青で、この世の色でないように美しい。玉そのものの色が外に逃げないで内にこもるという透明度で、曲玉のなかに深い色の世界があるようだ。夢の空であるか、夢の海であるか、しかし、あざやかな五月である。

そしてこの曲玉は悪夢を見せる。古代の産物である曲玉が夢を見せるというのは何とも象徴的で、古代人にとって夢とは神や仏と相通じる一種の手段でもあった。つまり夢には霊的な力があると信じられていたのである。川端がこれを意識しなかったはずはない。
結局悪夢を見せられた瀬田は礼子に曲玉を返すことを提案し、「私」もまた彼女に曲玉を返すことになった。柳田国男の「妹の力」は現代では批判される点も多々あるが、女と曲玉、そしてその曲玉のもつ呪力というモチーフは日本古代史を学んできた私にとって何とも魅力的に映るのだった。ある種、この作品は近代の神話とも云えるのかもしれない。
川端の幻想小説といえばまず「片腕」が挙げられるが、この「たまゆら」もそれに引けを取らない美しさを兼ね備えているように私は思う。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夕星桔梗

Author:夕星桔梗
元日本古代史ゼミ所属。作家志望のアマチュア物書き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
Booklog
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR