FC2ブログ

ヒカリ展@国立科学博物館

ようやく卒論を終え、修論が終わったばかりの彼氏と国立科学博物館のヒカリ展へ。
あまりこうした博物館には出向かないのですが、今回は鉱物を見られるということだったので、鉱物好きの私としてはどうしても見ておきたかったのです。
それに加えて宇宙の展示もあるということで、最近星に興味がある私は、今回の展示を見られるのを楽しみにしていました。

展示は映像作品や模型を交えて充実しており、宇宙の展示もかなりスペースを割いてあったのですが、いかんせん人が多くてじっくり見ることが叶わず、残念でした。
それでも体験型の展示も多く、中でもオーロラの3D映像を見られる展示の迫力はなかなかのもので、足を運んでよかったと思います。

10868245_1580163285539974_7130422374223035529_n.jpg

10404520_1580163295539973_7159094154150221190_n.jpg

そして待望の鉱物の展示スペースへ。
上が通常のライトを当てた写真、下が蛍光している写真です。
こちらは蛍石ですが、何よりその大きさに驚かされました。
普段ネットで目にする蛍石ってせいぜい1cm~3cm程度だと思うんですが、こちらは10cmは優に超えていたでしょう。
一体いくらぐらいするんだろう……と不埒なことを考えてしまいました。
私は鉱物だと水晶系と天青石が好きなのですが、蛍石の魅力が今回の展示で十二分に伝わってきました。
機会があればぜひ手に入れたいです。(この間のミネラルショーは卒論にかかりきりで残念ながら行けませんでした)


1549341_1580163305539972_506526423578906359_n.jpg

10846344_1580163315539971_700586110014560051_n.jpg
こちらは方解石。まるで氷のような質感にうっとりしました。


1461295_1580163325539970_124423978147582080_n.jpg

10361462_1580163335539969_6131186436964817624_n.jpg
光る生き物の展示、ということで蝶の標本もありました。
蝶も大好きなので今回美しい標本を見られて僥倖でした。

14033_1580163348873301_1661880768240695072_n.jpg
光るサンゴ。
愛らしい動きをしていてほほえましかったです。
海の世界も神秘的でいいですね。


10868225_1580163368873299_5826541203637492589_n.jpg
光るカトレア。
こちらは人工的に遺伝子操作して生み出されたものです。
パーティーの際にはうってつけかもしれません。

他にも光るカイコや、光を使った時計など、見所の多い展示でした。
光の不思議を垣間見たような気がします。

10868125_1580163382206631_482865214395699603_n.jpg
博物館を見た後は、麻布茶房へ。抹茶アイスのあんみつと珈琲をいただきながら、彼氏と久々に長話を楽しみました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夕星桔梗

Author:夕星桔梗
元日本古代史ゼミ所属。作家志望のアマチュア物書き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
Booklog
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR