FC2ブログ

【感想】歴史秘話ヒストリア 君よ、さらば! ~官兵衛VS.三成 それぞれの戦国乱世~

●本放送 平成26年10月22日(水) 22:00~22:43 総合 全国
●再放送 平成26年10月29日(水)
※火曜深夜00:40~01:23
総合
全国
※再放送の予定は変更されることがあります。当日の新聞などでご確認下さい。
配役:黒田官兵衛 役:浜口望海/石田三成 役:立川貴博/豊臣秀吉 役:酒井高陽

エピソード1 官兵衛VS.三成 秀吉との出会い
黒田官兵衛と石田三成は、ともに低い身分から秀吉の家臣となりました。播磨国(兵庫県)の地方領主だった官兵衛は“軍師”としての才能を発揮。三成は食糧や武器の調達に辣腕をふるう“官僚”として頭角を現します。秀吉との出会い、そしてその覇業を支えた2人の輝ける日々。

エピソード2 官兵衛VS.三成 天下取りへの道
まさに豊臣家家臣の双璧となったふたり。官兵衛は秀吉の代理指揮官として九州平定を成功させ、秀吉に絶賛されます。一方、三成は太閤検地や刀狩などで、秀吉の信頼を揺るぎないものに。ところが、あることをきっかけに官兵衛は秀吉に遠ざけられ始め、三成の扱いとのあいだには、しだいに差が…。

エピソード3 官兵衛VS.三成 秀吉の野望とふたり
秀吉が晩年に抱いた野望、それは大陸、朝鮮への出兵でした。日本で次々と命令を下す秀吉。戦場で現地軍の苦戦を目の当たりにする官兵衛と三成。この戦でそれぞれの信義を貫いたふたりは、それゆえに対立することに…。かつて秀吉から愛されたふたりが刃を交える、その皮肉なる物語。


参考文献

『黒田官兵衛』(小和多哲男 平凡社新書)
『石田三成』(小和多哲男 PHP新書)
『新訳 名将言行録』(講談社学術文庫)
『戦争の日本史 文禄・慶長の役』(中野 等 吉川弘文館)
『関ヶ原合戦 家康の戦略と幕藩体制』(笠谷和比古 講談社学術文庫)

以上公式HPより。



今年の大河ドラマを観ていて、三成好きとしては三成の扱いがあまりに時代錯誤な「悪人」に寄りすぎているように感じていたので、今回のヒストリアでの「秀吉のために汚れ役を買って出、非難の矢面に立った」という解釈には胸をなで下ろしたところ。

まあ三成を贔屓目に見ているのは否定できないのですが、三成に関する逸話で好きなエピソードがあるんです。
それは二十六聖人を処刑する際、秀吉が彼らの耳と鼻を削いで京都にて市中引き回しにせよと命じていたのに対して、三成は耳たぶを切らせる程度に留めさせたという話。
高校時代、地元長崎の二十六聖人の処刑地・西坂の丘を訪ねた際に聞いた逸話なので、おそらく史実ではないかと思います。
立場上、二十六聖人を処刑せざるをえなかったとはいえ、三成の人柄が伝わってくるエピソードではないでしょうか。
この逸話がきっかけとなって、私は三成が好きになりました。

今回のヒストリアでは秀吉の寵愛を共に受けながら、次第に秀吉から遠ざけられるようになった官兵衛と、秀吉からの信頼を一身に集めた三成とを対比的に描いていました。
確かに二人に視点を当てると、敵同士として向かい合う関ヶ原の戦いとその結末は皮肉なものに映るし、三成の最期も哀れっぽく見えてしまいます。
しかし三成には三成の、官兵衛には官兵衛の正義があって、二人ともそれを貫き通したと見る方がより妥当なのではないでしょうか。
たとえ痛ましい最期を遂げたとしても、秀吉の天下を支え、それを守ろうとした三成に悔いはなかったと私は思っています。

最後の晒し者にされた三成に長政が言葉をかけて三成が涙した、という逸話は初めて知ったのですが、史実ではなくあくまでも逸話だったのですね。(主に史実関係の本ばかり読んできたので知らないのも道理でした)
史学科出身の身としては時代が下った幕末の史料を使ったり、参考文献も一般向けのものが大半だったりするのを見ると、あまりこの手の番組を鵜呑みにすることはできないと感じるのですが、戦国関係、三成関係、関ヶ原関係の本を買っていながらまだ読んでいないものもあるので、卒論を書き終えたら少しずつ読んで自分なりに勉強したいなと思いを新たにしました。
そういうきっかけを与えてくれるという点ではいい番組なのかもしれません。

ところでtwitterで「#お前ら誰が主人公の大河が見たいんだ」というタグが流行ってるので、便乗して「石田三成」とツイートしたら、石田三成公を大河ドラマに!という署名を集めているサイトを知ったので、さっそく署名してきました。
石田三成好きな方はぜひ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夕星桔梗

Author:夕星桔梗
元日本古代史ゼミ所属。作家志望のアマチュア物書き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
Booklog
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR