FC2ブログ

ドキュメンタリーWAVE 「1億人が漂流する ~中国・都市大改造の波紋~」@BS1

 放送: 9月13日(土)22:00~22:49
 再放送: 9月17日(水)17:00~17:49

今、中国で政府による大掛かりな都市の改造が進んでいる。農村からの出稼ぎ労働者が集まって暮らす貧困地区“城中村”を撤去・再開発し、出身地によって「都市戸籍」と「農民戸籍」に分かれた戸籍制度の問題にメスを入れようというのだ。これにより、農村出身者も一定の条件を満たせば、社会保障などで優遇される都市戸籍を与えられることになった。しかし、現実には、その条件を満たすことのできる人は多くはない。居場所を失った農村出身者は“無資格者”として都市のなかを漂流しはじめている。中国政府が格差社会是正の切り札として繰り出した「都市大改造」、その行方をみつめていく。

たまたまテレビをつけたら放映していて、現代中国に関するドキュメンタリーをもっと観たいなと思ってたから渡りに船だった。
日本にいると中国に関して否定的な見方(ともすればヘイトスピーチになりかねないような見解)が大半を占めていて、大いに辟易していたところだったから、せめて自らの目で中国の今を考えてみたいと思っていた。
中国という国は私にとって良くも悪くもあまりに規模が大きすぎて、もっぱら芸術や漢詩、三国志などばかりに目を向けてきたのだけれども、今の中国のこともきちんと知っておきたい。
今日はようやくその一歩を踏み出せたのかな。

内容としては格差の問題がメインだったのだけれども、都市に出稼ぎに来ている労働者たちに目を向けてみれば、それがいかに大きく、そして切実な問題であるのかが分かった。
生活や医療、そして人生そのものに影響を及ぼす格差の深刻さは、私の想像を遙かに超えるもので、経済成長だけを目指してこれまで走ってきた中国の限界が見えたように感じたし、居住者の需要を超えて増え続ける高層マンション群に不気味さすら覚えた。
都市戸籍に関しては、出稼ぎ労働者たちは誰もメリットを感じず、そしてさらなる経済的負担を理由に取得するという選択肢を選んでいないのが心に引っかかった。
自らの国民を顧みず、このまま政府ありきで走り続けてはいずれ破綻を迎えるだろう。
その破綻はきっと社会の最下層にいる人びとの間から広がっていくのだ。
そしてそれは私たちの国、日本にも云えることなのかもしれない。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夕星桔梗

Author:夕星桔梗
元日本古代史ゼミ所属。作家志望のアマチュア物書き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
Booklog
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR