FC2ブログ

日曜美術館 ガラスの巨人を超えろ~ガレに挑んだドーム兄弟~

2014年8月31日放送 再放送:9月7日よる
ガラスの巨人を超えろ~ガレに挑んだドーム兄弟~
出演

池田まゆみさん(美術工芸史家、北澤美術館学芸員)

19世紀末から20世紀初頭にかけて流行した装飾スタイル、アール・ヌ―ヴォー。その巨匠・エミール・ガレに、挑んだ男たちがいる。ドーム兄弟。
1870年の普仏戦争で故郷を追われ、新天地フランス・ナンシーでガラス工場の経営を始める。その時、手本としたのがガレだった。ようやく軌道に乗り始めたものの、ガレのものまねではという評価をなんとか払拭(ふっしょく)しようと、独自の探究を始める。自然をモチーフにしながら、強烈な個性を打ち出すガレのような表現ではなく、誰からも愛される素直な自然の美しさを出そうと試行錯誤を重ねた。優秀なデザイナーや職人を雇い、高度な技法を探究。兄弟力を合わせて、ドームならではのガラスの美を創り上げていく。
そしてついに、ガレと対決する日がやってくる。舞台となったのは、1900年のパリ万国博覧会。ガレもドームも、満を持して高度な新技法を使った作品で勝負に臨む。果たしてその結果は。
今回は、フランス・ナンシーに、ガレとドームの足跡を追いながら、ドームならではの魅力に迫る。

以上、公式HPより

------------------------------------------------------------------------------

ガレの哲学的で芸術性を追求した作品も素敵だけど、ドームの繊細な自然の美を表現した作品も素晴らしい。
美には普遍性があるけども、その表現は一様ではない。そこに芸術というものの面白さがあるのだなぁと感じた。

ガレの作品には人間や、それを取り巻く世界の本質へと迫っていこうとする意識を感じた。
そこにあるのは表面的な美しさではなく、内面的な美しさ。深い精神性の表れを感じられる作品の数々に、心を鷲づかみにされたような心地がした。
中でもマルケットリーという技法によって制作された作品は芸術の一つの極致と紹介されており、同作品は1900年のパリ万博でグランプリを受賞した。
美術工芸史家、北澤美術館学芸員の池田まゆみさんによると、専門家の間では超絶技巧と呼ばれ、この時代にしか作り得ないものであったという。
その時代において最高の技術をもって至上の芸術を目指す。技巧と表現とが見事に重なり合い、響き合った作品に、芸術の神髄を見たように思う。

一方、ドーム兄弟の作品は、「春草文花瓶」(北澤美術館所蔵)に象徴されるように、草花が持つ本来の美しさを素直に表現している。
番組では同作品を見ると幸せな気分になると紹介されていた。確かに、そこにあるだけで優しげで繊細な花々を目にしているような雰囲気を持っている。
彼らは1900年の万博でアンテルカレールというガラス素地に絵模様を描いて、さらにガラスをかぶせる技法を用いた作品を出品し、ガレと同じくグランプリを受賞した。
そのような技巧を凝らしながらも、ドーム兄弟の作品は詩情をたたえている。見る者を圧倒するというよりは、見る者の心に優しく語りかけてくるようだ。
表面上の美しさの中に、優しさと安らぎとが心地よく配置され、見る者の心と通じ合う。
それもまた芸術の持つ力なのだろう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夕星桔梗

Author:夕星桔梗
元日本古代史ゼミ所属。作家志望のアマチュア物書き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
Booklog
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR