FC2ブログ

七月大歌舞伎@歌舞伎座(千秋楽)

10458213_1531099897112980_621883357418820759_n.jpg
歌舞伎座にて七月大歌舞伎の夜の部を観に行きました。
これまで国立劇場で歌舞伎を見たことはあったんですが、歌舞伎座は今回が初めて。しかも千秋楽。

演目は以下の通り。
10544333_1531099937112976_188065954719821512_n.jpg

一、岡村柿紅作 悪太郎
二、岡本綺堂作 修善寺物語
三、泉鏡花作 天守物語

もちろんお目当ては坂東玉三郎様主演の「天守物語」だったんですが、「悪太郎」の狂言めいた面白さに、修善寺物語の主演を務めた市川中車の狂気じみた演技で終わるラストパートと、とても見所の多い演目が揃っていて大満足でした。
修善寺物語は岡本綺堂が書いただけあって、人間の業と無常、そして天才的面作師の表現者としての狂気の境地を絶妙に描いていて(岡本綺堂自体はそんなに好きではないんですが)見事でした。
正直なところ歌舞伎で香川照之さんの演技を見るのは楽しみでもあり、不安でもありましたが、配役が上手く当たっていて、歌舞伎でもこんな演技ができるんだなぁと感心しました。

そして天守物語。


10552453_1531100000446303_6148771947738520664_n.jpg

玉三郎様監修・主演の映画は観たことがあって、大好きな鏡花の世界がありありと体現されていていたく感動したものですが、今回の舞台は何と云っても臨場感がある分、目の前に理想郷が広がっていてくらくらしました。
玉三郎様にお目にかかるのは、一昨年の「日本橋」と昨年の「アマテラス」に続いて三度目でしたが、拝見する度に美しくなっている気がしてしまいます。きっと実際そうなのでしょうね。
女形の役者さんが侍女として侍る中、一人だけ神々しいオーラを放っていらっしゃいました。

そして玉三郎様のお相手役は海老蔵さんだったんですが、とにかく声が澄んでいて美しい。顔かたちは云うまでもなく申し分ない。これが市川海老蔵かと、ドキドキしました。
互いに惹かれ合うお二人の姿は絵のように綺麗で、いつまでも眺めていたかったです。

最大の見せ場に差しかかり「千歳百歳に唯一度、たった一度の恋だのに」という玉三郎様の台詞に、彼の鏡花に対する敬愛と富姫という役柄に対する深い思い入れがこめられていて、涙せずにはいられませんでした。
この世で最も気高く美しい生き物を目撃してしまったような感覚に囚われました。

10389685_1531100023779634_2476871868759149546_n.jpg


長くなってしまいましたが、とにもかくにも思い出深い歌舞伎鑑賞になりました。
千秋楽だけあって、「天守物語」のあとにカーテンコールが三回もあり、玉三郎様と海老蔵さんが手を取り合った姿を何度も見られて幸せでした。
また玉三郎様の演技をこの目で見られる機会が来ることを楽しみにしています◎
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夕星桔梗

Author:夕星桔梗
元日本古代史ゼミ所属。作家志望のアマチュア物書き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
Booklog
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR