FC2ブログ

schola 坂本龍一 音楽の学校 「日本の伝統音楽」(1)

日本の伝統音楽編 第1回
ゲスト:小沼純一、星川京児、小島美子、関根秀樹

2月6日(木)からは5回連続で「日本の伝統音楽」をお届けする。シーズン4の2つ目のテーマは、「日本の伝統音楽」。日本の独特の音・音楽をひも解く。雅楽、能・狂言、浄瑠璃などをピックアップし、その成立や特徴を学ぶ。

「日本の伝統音楽」、1回目の講義では、日本列島に縄文時代から現代まで通底する「音の響き」を取り上げる。各地で出土し、「楽器」として利用されたとも考えられている石笛、土笛、土鈴などがどのような響きをもっていたのかを紹介。先史時代の音楽を「想像」する。

ワークショップは、子供たちが竹笛作りに挑戦。自作の竹笛で合奏し先史時代の人々の音楽を追体験する。

(schola公式HPより)

-------------------------------------------------------------------

昨日が日本の伝統音楽編の第1回放送だった。
復元された石笛や土笛、土鈴の音を聴く機会に恵まれたというだけでも大いに見る価値があった。
そして何より、音楽の起源が呪術にあることを再確認させられた。
特に興味深かったのは国立歴史民俗博物館名誉教授・小島美子氏のお話。呪術に用いられた楽器は、人に聴かせるものではなくて呪術者と神との交信のために使われたのだという。土鈴もまた小さな音しか鳴らないように中に小石が入れられて使われたというのだ。
シャーマニズムと音楽というテーマは実に興味深い。その一例としては巫女と梓弓の関係が挙げられよう。今回番組を見て、このテーマについてもっと深く調べたくなった。

そして番組の最後は教授のピアノと、古代技術&民族楽器研究者・関根秀樹氏による石笛&蟲笛の即興演奏。コンピューターの音を上手く組み合わせながら古代の呪術的な世界を見事に表現していた。
蟲笛といえばナウシカを思い出す。実在する蟲笛もまた呪術的な楽器として用いられていたらしい。シャーマニズム関連の文献にはナウシカは脱魂型のシャーマンという記述があったから、宮崎監督自身がナウシカのシャーマン性を意識して蟲笛をアイテムとして持たせたのかもしれない。

次回は去年のクリスマスに演奏を聴きに行った伶楽舎さんが登場するということで今から楽しみ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夕星桔梗

Author:夕星桔梗
元日本古代史ゼミ所属。作家志望のアマチュア物書き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
Booklog
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR