FC2ブログ

蛇神にまつわる諸問題 弐

今日、斎藤英喜『『新しい「日本神話」の読み方 古事記 成長する神々』を読み終えて、簡単な書評( 斎藤英喜『新しい「日本神話」の読み方 古事記 成長する神々』 を書いたばかりだが、分量および問題性の都合でそこには書けなかった、スサノヲとヤマタノヲロチの問題についてまとめてみようと思う。

まず注目したいのは次のパラグラフだ。

ヤマタノヲロチが氾濫する川のイメージをもつことも指摘されてるが、それは水という恵みをもたらす川と、洪水によって人びとの生活を破壊してしまう川、という自然の威力がもつ二面性を抱え込んだ「自然神」の形象化と理解していいだろう(三浦佑之『古事記談義』)。
(…)『古事記』のヲロチ神話には、天上から来臨した新しい英雄神が、古い土着の水の精霊を超克するプロセスが読みとれよう。ヲロチ退治譚とは、水の精霊を祭ってきた出雲の首長が、高天の原から降ってきたあらたな英雄神に服属する神話ということになるのである(西郷信綱『古事記の世界』)

ここで思い出してほしいのは、蛇神にまつわる諸問題 で書いた「支配者としての神と、被支配者としての神の姿」だ。私の推測はこれで保証されたと云っていいだろう。

では被支配者としての神(=ヤマタノヲロチ)の姿はどのようなものだったのか。斎藤氏は次のように記している。

ヤマタノヲロチの姿を語るアシナヅチは「老父」と呼ばれていた。そこには、土地に伝わる古伝承を語る「古老」のイメージも見てとれる。ヲロチの姿をリアルに語るアシナヅチの言葉には、彼らが語り伝えてきた水蛇神の古伝承の断片を想定することもできよう。
ここからは、出雲の語り手たちが、自らが祭る神の姿を口で語り伝えたオーラルな現場が髣髴としてこないか。自分たちに恵みの水を与えつつ、祭りそこなえば水害という祟りをもたらす、恐ろしい水蛇神の伝承。それを語り伝えた出雲の語りの翁たち……。

こうして神話の古層を読み解いていこうとする斎藤氏の姿勢に、私は感動を覚えるのだ。

続いて斎藤氏は構造主義系の神話学が提唱した「怪物と英雄の両義性」について紹介している。以下、斎藤氏は小松和彦氏の『神々の精神史』から引用している。

スサノヲは山を枯らし、海や川を干上がらせる、凶暴な自然のイメージをもつ。その点は、氾濫する川、洪水という自然の脅威をあらわすヲロチにも共通する。つまり両者はともに「自然」の荒々しい力を体現していたのである。そのとき、高天の原の秩序を破壊して追放されたスサノヲにとって、出雲でのヲロチとの出会いは、じつは鏡に写ったもうひとりの自分との出会いでもあった。スサノヲがヲロチを退治することは、自分の中のもうひとりの自分を否定し、それを超克することを意味したのである。すなわち「英雄は、彼の出自、彼の過去、もう一つの彼の否定として、鬼などの怪物を退治する。退治することによって社会に迎えられ、英雄となる」

この説は、蛇と防疫 で追記した松村武雄氏の説とも大いに重なる部分がある。
またこのロジックで考えていくと、蛇神にまつわる諸問題 で紹介した禹と相柳もまたこうした構図の中で考えていくことができるのではないだろうか。

ようやくいくつもの事項が一つに結びついてきたように思う。これはひとえにここで紹介した諸氏の研究のたまものであり、私は彼らの説く論理の道に導かれているように感じる。未だに大蛇が防疫を祈願して祀られるのはなぜかという問いの明確な答えは出ないが、少しでもそのヒントに近づきつつあるのではないだろうか。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夕星桔梗

Author:夕星桔梗
元日本古代史ゼミ所属。作家志望のアマチュア物書き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
Booklog
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR