スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読書録】読書状況報告

これまであまり近況報告というものをしてこなかったことに気づきましたので、ひとまず読書状況の報告という名の自分メモをば。
なお、読書メーターの「読んでいる本」に登録した本は遠からず投げ出すか積み直すという個人的なジンクスがほぼ外れないので、定期的にこちらに書いていきたいと思う。

■読んでいる本
皆川博子『ゆめこ縮緬』集英社文庫、2001年。

感想は読後にまとめるので割愛。ひとまず買いは確定。
買うなら吉田良さんの人形がうるわしいハードカバー版がいい。

中西進『中西進と歩く万葉の大和路』ウェッジ選書、2001年。

万葉集に沿って古都・奈良を旅する学術エッセイ。
一般向けに書かれているのでかなり読みやすく、旅情たっぷりで手軽に奈良のことが学べる本とあって、体調が安定しない今の時期にはぴったりな一冊。
こうした本をもっと読んでいきたいところ。

■読みさしの本(放置中)
紀イン『閲微草堂筆記 上』平凡社ライブラリー、2008年。

 清代の怪異譚を集めた書物。いわゆる志怪小説のひとつ。『カラマーゾフの兄弟』を読みつつ併読していたが、最近は他の本に浮気気味。小説の種本としてはかなり面白いし、清代に興味を持つきっかけとなりそうな一冊ではあるが、いかんせん似たような話が多数収録されているために読み物としては飽きる。

末木文美士『日本仏教史――思想史としてのアプローチ』新潮文庫、1996年。

大学時代に一度読もうとして挫折した一冊。大学を出て日本古代を中心に宗教史を独学でやっていこうと志し、同著者の『日本宗教史』(岩波新書、2006年)を読破したはいいものの、まだ最初の方だけ読んで積んでいる状態。
ひとまず古代の箇所だけでも目を通したいところ。

■積んでいる本(図書館から借りているもので急を要するもの)
皆川博子『妖恋 男と女の不可思議な七章』PHP研究所、1997年。

図書館にはハードカバーしかなかったのだけれど、文庫版の表紙の方がかわいらしいので買うなら文庫かなと思っている。

塚本邦雄『定家百首 雪月花(抄)』講談社文芸文庫、2006年。


塚本邦雄『王朝百首』講談社学芸文庫、2009年。

ひとまず塚本邦雄の二冊は買おうかどうか検討するために借りたので、今回は読破せずともよいことにする。
なんとか個人的皆川博子まつりを完結させねば……。

■最近読み終わった本(先月のまとめを載せていなかったので読メから転載)
皆川博子『蝶』文春文庫、2008年。

昨年はじめて読んだ時の感想があまりに軽率すぎて「お前はいったい何を読んでいたのだ?」と自問したくなるレベル。それだけいろんな意味で成長したと思い たい。前回惹かれた「想ひ出すなよ」「幻燈」「遺し文」はもとより、改めて読んでみると「艀」「妙に清らの」の抒情的な美しさが心に響いてきて、象嵌され た詩や絵画のモチーフが一枚のコラージュ画のように浮き上がってくる。一連の物語の尺でめくるめく美の世界にいざなう皆川博子の力量には恐れ入った。積読 本を読んでもっと彼女の世界に圧倒されたい。

ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟 中』新潮文庫、1978年。

体調を崩していたために読了までに一ヶ月もかかってしまった。物語の本筋としては中盤~終盤が見所なんだろうけども、個人的にはゾシマ長老の経歴やア リョーシャの内面の清らかさに心惹かれる。なかでも大地に接吻するシーンは一幅の絵画を思わせて、私自身ミッションスクール出身ということもあって胸が高 まるのを感じた。先に『カラマーゾフの兄弟』を読んだ彼が「どのシーンに惹かれるかでその人の傾向がわかる」と云っていたけども一理あるのかもしれない。

灰原薬『応天の門 5』新潮社、2016年。

やはりこの作者は描き方が緻密というか、市井の様子から宮中の様子まで見事に描写し、なおかつ両者がうまくリンクして物語が綴られているというところが最 大の見所なのかもしれないと思う。ひとえに菅原道真のキャラあってのことなのだろう。物語の本筋としては政治劇が主題となっているけども、それを下支えし ているブレーンの知識はさすがプロフェッショナル。応天門の変の結末が分かっているだけに、その途中経過がどのように描かれていくのかますます楽しみに なってきた。

谷崎潤一郎『文章読本』中公文庫、1996年。

どうしてもっと早く読まなかったのだろう、と長らく積んでいたのを悔やんだ一冊。私はこれまで美文というと言葉の限りを尽くして描写することに尽きると 思っていたのだけれど、「言葉や文字で表現できることとできないことの限界を知り、その限界内に止まる」ことを説いた谷崎の言葉にハッとさせられた。源氏 物語をはじめ、もっと日本の古典文学を読んでセンスを磨いていきたい。


ちなみにブクログに『カラマーゾフの兄弟』と『文章読本』の引用をまとめておいたのでこちらも併せてどうぞ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夕星桔梗

Author:夕星桔梗
元日本古代史ゼミ所属。作家志望のアマチュア物書き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
Booklog
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。