FC2ブログ

曹操暗殺 三国志外伝@ヒューマントラストシネマ

昨日「曹操暗殺 三国志外伝」を観てきました。玉木宏とヒロインのラブストーリーがメインなのかと思いきや、曹操が全ての映画でした。人間不信なのを実は気にしていたり、関羽への未練を捨てきれずにいたり、でも献帝の家臣とその娘の皇后に生の熊の手を食べさせるという暗黒な一面を見せたり。モーヲタは観るべし。
映像美厨な私も満足できるぐらい映像も凝ってたし、衣装も美しかったです。個人的には丕様が良かったかな。献帝の皇后と密通してたというオリジナル設定には驚いたけど、そそ様との親子愛が描かれていて心温まったな。まあ一筋縄ではいかないんですけどね、この親子。だがそれがいい。

貂蝉とヒロインをオーバーラップさせたり、古代中国が舞台なのにBGMに歌舞伎風の「いよぉ~」という掛け声を混じらせたりと謎な演出もありましたが、従来の冷酷無情な君主像には留まらない、苦悩する一人の人間としての曹操像を描いたという点においては評価できるんじゃないでしょうか。
終盤、銅雀台の階段が二つに開いて曹操が登場するシーンはちょっと無理があるなぁと感じたけど。

見終えた後、ヒロインと玉木宏演じる暗殺者は、曹操を暗殺することへの理念がなくて幸福になりたいという願いしかないからあんなにブレブレなんだろうね、という話を彼氏としてました。
曹操の元で幸せになることを決意したかに見えたヒロインが、最後の最後で曹操を暗殺しようとするのも説得力がなかったし。その曹操が実は玉木宏演じる暗殺者(と表記して名前を覚えようとしてないです)だったという結末ありきな展開はちょっと冷めた。
まあメインは曹操なので、二人のことは割とどうでもいいんですけどね。
結局、子どもを攫って暗殺者養成機関を作ったり、暗殺志望者募ったりしてる献帝の方が曹操よりよっぽど鬼畜だろ、という結論に行き着きました。
あの献帝は他の媒体の三国志に出てくる献帝よりは頑張ってたと思うよ、という彼氏の意見にとりあえず同意しておきます。
でも曹操に剣を突きつけられて情けない声を上げたり、丸腰で精一杯曹操を威嚇しようと大きく腕を広げたりするところは小物感漂ってました笑

まあモーヲタなら見て損はない作品なので、そそ様好きな方はぜひ。


2014.04.06追記:ヒロインの霊唯は、貂蝉の娘という設定だったんですね。父である呂布を曹操に殺されているので、その仇を討つという大義名分が霊唯にはあったというわけですか……。だから貂蝉と霊唯をオーバーラップさせるという手法にも説得力が出てくるんですね。後日再びこの映画を見に行った彼氏からその設定の話を聞いたので、私もまたこの映画を見たくなりました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夕星桔梗

Author:夕星桔梗
元日本古代史ゼミ所属。作家志望のアマチュア物書き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
Booklog
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR