FC2ブログ

【映画鑑賞】草原の実験@下高井戸シネマ



シネフィルの妹と昨日ようやく「草原の実験」を観てきた。
前評判が高かっただけに以前から気になっていた作品で、私自身の期待値も高かった。

草原に沈む夕日、少女と父との静かな日常、そして髪をほどく少女のアンニュイな美しさ……。
エキゾチックな音楽に乗せて綴られる映像詩に見入っていたのだが、最後の最後でぶち壊された感が……。
タイトルからしてそういう結末になるだろうと予想はしていたものの、あまりの映像のお粗末さにがっくりきた。
なんなんだ、あのハリウッド映画ばりの雑な映像は……。
(妹もまったく同意見で、曰く「あの映像だけで星一つになりそう」とのこと)

私は被爆地出身ということもあり、原爆を主題にした映画は何本も観てきたが、あれほどとってつけたような原爆の映像ははじめてだった。
戦争を描くにしても明確に反戦のメッセージが伝わってくるわけでもないし、「ミツバチのささやき」のように戦争を匂わせる手法を採るのかなと思っていただけに本当に残念でしょうがない。

映像美に徹するならば、少女のコラージュを活用して“実験”を描き、“実験後”の荒廃した風景だけを実写で映すなど、もっとふさわしい表現があったのではと思ってしまう。
(監督はあくまでも原爆の「美しい」映像を撮りたかったようだが、被爆地に育った人間からしてみれば悪趣味以外のなにものでもない)
台詞を一切入れないというコンセプトや、少女と西洋人風の青年との淡い恋は美しく描けていただけに、最後だけがもったいなかった。

それでもこうして一日経ってからも終盤までの映像が心の中に去来する。
主演女優のエレーナ・アンのものうげな瞳が忘れられないのだ。
良質な雰囲気映画ではあったので、手元に置いておきたい作品になりそうだ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夕星桔梗

Author:夕星桔梗
元日本古代史ゼミ所属。作家志望のアマチュア物書き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
Booklog
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR