FC2ブログ

【音楽鑑賞】辻井伸行×三浦文彰 究極の協奏曲コンサート@市川文化会館

家族で鑑賞してきました。

曲目は
三浦文彰
・マスネ タイスの瞑想曲
・チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35

辻井伸行
・リスト コンソレーション第3番
・リスト ラ・カンパネラ
・ラフマニノフ ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品18

三浦文彰氏といえば大河ドラマ「真田丸」でOPのソリストを務めていらっしゃる方ですが、納得の腕前でした。
特にチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲では、チャイコフスキーの美しい主題に合わせた、躍動感にあふれながらも品の良さを失わない繊細な演奏にほれぼれしました。
もともと私にとってチャイコフスキーは、クラシックを本格的に聴きはじめたきっかけとなった作曲家でもあるので、今回のヴァイオリン協奏曲はまた格別に聴こえたのでした。
中でも第1楽章の主題と第2楽章の導入部の美しさは、これまでに聴いてきたクラシックのなかでも特筆すべき類の美しさでした。

そして辻井伸行氏の演奏を生で聴くのはこれが2度目。
おなじみのリストにはじまり、確かな技巧を有しながらも繊細さを併せ持つ彼独特の感性が存分に生かされていました。
ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番は彼の十八番ですが、第1楽章では浅田真央選手のソチオリンピックでの演技が脳裏に蘇って思わず涙。
第2楽章の花々を思わせる甘やかな主題、第3楽章のオリエンタルな主題が印象的でした。
第1楽章ばかり聴き慣れていることもあり、第2楽章と第3楽章は新鮮な響きがありました。

辻井伸行氏は紀行のパートで真田丸のメインテーマを演奏していることもあり、アンコールでは両者揃っての真田丸のメインテーマの演奏があるかしらとチラッと期待したのですが、今回は残念ながらなく……。
贅沢な望みでしたね。

それはともかくとても満足度の高いコンサートでした。
やはり生で聴くクラシックはいいですね。
昨年末のベートーヴェンの「運命」と「第九」以来だったので、わりと短いスパンではあったのですが次のコンサートが早くも待ち遠しくなってしまいました。

12733649_1711991249023843_6996496233949501286_n.jpg

12688126_1711991195690515_3987218458562087049_n.jpg

ロビーにはふたつのお雛様が。
お雛様好きには嬉しい季節がやってきました。
今年はたくさん観られるといいなぁ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夕星桔梗

Author:夕星桔梗
元日本古代史ゼミ所属。作家志望のアマチュア物書き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
Booklog
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR