FC2ブログ

【書評】石川淳「八幡縁起」(再読)

■石川淳「八幡縁起」(『紫苑物語』講談社文芸文庫所収)


前回読んだ時にはひとつの物語として味わったが、今回は日本神話という着眼点で再読。
改めて読んでみると、随所に古事記からの影響が看取できる。

文体
ひらがなを多用した文体は古事記を想起させる。むろん古事記が編纂された当時にはひらがなは存在しないが、万葉仮名という意味では、漢語を元にした日本書紀とは大きく異なる。これは古事記が文字として読まれるよりも誦習という形で伝わったというところに起因する、と三浦佑之氏は書いておられる(注1)。
ひらがなを多用することで、古事記における万葉仮名と同じく日本語の「音」のリズムを生み出す効果があるのは確かだろう。

長歌

堅岩の
大室屋の
岩ぶすま
堅き誓に
すくすくと
わが出て行かば
青山に
綾垣なす
草ぶすま
さやぐが下に
若草の
つまの真玉手
玉手さしまき
ぬばたまの
夜ごとに寝む
朝日の
のぼるも知らに
さ野(ぬ)つ鳥
とよむも聞かずて
三つ栗の
中の色濃く
沫雪の
わかやぐ胸を

かきいだき
いだきたわむれ
股ながに
裳をなさば
よらしな

これは石別の娘、鮎が詠んだ歌だが、「沫雪の~胸」はヌナカハヒメの返歌

あをやまに 日がかくらば
ぬばたまの よはいでなむ
あさひの ゑみさかえ来て
たくづの 白きただむき
あわ雪の わかやるむねを
そだたき たたきまながり
またまで たまで差しまき
ももながに いはなさむを
あやに なこひきこし
やちほこの 神のみこと
ことの 語りごとも こをば(注2)


に共通点が見いだせる。

登場人物
・石別の妻
正体は白蛇、ということで蛇と関わりの深いイクタマヨリビメやヤマトトビモモソヒメを彷彿とさせる。
石別の妻は蛇と女とが一体となっているのが面白い。

・男装の玉姫
ここはやはりスサノヲを迎え撃つ際に男装したアマテラスを想起せずにはいられない。

・武
父王へのエディプスコンプレックスを抱き(母は出てこないが)、王位を争う兄を殺すという構図は神話の類型としてよくあるもの。
特に兄との王位争いは崇神天段の日嗣の決定の場面など古事記には多々見られる。


そしてもうひとつ見逃せない要素である山の民=木地師という構図は柳田國男の山人論の影響が看て取れる。
さらに彼らが里の人間たちに対して「まつろわぬ民」であることには神話的要素が多分に含まれていると云っていい。

この物語は被征服民から見た支配者の歴史とも云えようし、あるいは神話から歴史へと変換していくさまを物語へ落とし込んだ見事なパロディとも云えよう。

また神というものに着眼してみるならば、荒玉と広虫の次の会話が鍵となろう。

「いつき祭らねばならぬのは、かの名なしの神じゃ。」
「なんと。敵なる神を。」
「さきほどのあやかしを見て、おそれのこころを兆したとでも、おもいおるか。左(さ)にあらず。聞け、広虫。われら、わずかにこの尺寸の地をえたのみにて、小成にやすんじてはならぬ。国はまだまだひらけるぞ。いや、ひらいて見しょう。国つくりはこれからじゃ。打ちしたがえるべき山山は数かぎりない。行くところの地には、かならずやその地に古き神神はあろう。またその神神を信ずるやからがあろう。力なき神は取るにたらぬ。ひとに畏怖の念をいだかしめるほどの神ならば、取ってもってわが神とすべし。すなわち、その神を奉ずるやからのこころを取ると知れ。そのやからとても、ひらけゆくわれらの国の、あらたに附く民じゃ。神も人も殺すべきものは殺し、生かすべきものは生かせ。これを生かして使えば、いつかはわれに利があろう。みだりに功をあせるな。大国を治めるの法は、今までのごとき尺寸の地のあらそいとはちがうぞ。かのほろびた山の神をいつき祭るというは、やがてわがものとする四方の山を治め水を治めて、ひろく国つくる手だてとはさとらぬか。」

これはまさに被征服民の神を征服者が祭祀という形で支配する構図に他ならず、古事記で云えば崇神天皇によるオオモノヌシの祭祀に象徴されるだろう。

こうした結果この物語でいう「八幡神」が生まれ、源氏などの支配者によって奉祭されていくものの、被征服民である山の民は意に介さないと物語られるのが面白い。

「げに、われらの大神につかえるためにこそ、みこころを世にひろくこなおうとて、おれは岩屋を出て武者とはなったぞ。大神につかえる道、おれもこたりはせぬ。」
「なにをもって、つかえるというか。」
「武をもって。」
「武をもってつかえるは、われらの大神ではない。」
貞光、いぶかしげに、
「異なことをきくものじゃな。八幡といえば、武の神ではないか。これもとより、むかしながらのわれらの大神。」
老人、かぶりをふって、
「なに、八幡。知らぬ。いずれの神じゃ。われらの大神には、もとよりおん名は無いものを。」

石川淳による日本神話へのある種の皮肉とも取れる。
神話が古事記という形で編纂される以前、つまり歴史以前の時代にはおそらく名もなき神々がごまんといたのだろう。
石川淳は「八幡縁起」を通じてその神々を描き出そうと試みたのではなかろうか。


注1:三浦佑之『口語訳 古事記 神代篇』文春文庫、2006年、272頁。
注2:注1文献、120-121頁。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夕星桔梗

Author:夕星桔梗
元日本古代史ゼミ所属。作家志望のアマチュア物書き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
Booklog
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR