FC2ブログ

中国の陶芸展@五島美術館

poster_jidai_12.jpg

昨日五島美術館へ中国の陶芸展を見に行ってきました。
何と言っても南宋時代の青磁器が一等美しかったです。
フォルムがまたそれぞれ絶妙なのですよ。優美という言葉がぴったりな、いつまでも眺めていたい優品たちでした。

そして何より、中国の古鏡の展示がとても良かった。実は後期に中国漢代の鏡にまつわる東洋考古学の講義を受けていたので、実物を見ることができて嬉しかったです。
漢代の鏡は造形も質も良いのですが、三国時代に入ると漢代の鏡の劣化コピーが出回るようになってしまった、というお話を思い出しました。
今回は三国時代の鏡が多かったので、いつか漢代の鏡の実物をじっくりまとめて見たいなぁ。
三国志好きなので三国時代の鏡もそれはそれでいいんですけどね。
劣化コピーになってしまった背景には、当時が混乱期だったことも大いに影響しているのでしょう。

で、つい唐代の鏡のポストカードを買ってしまいました。唐代になると絵柄も多様化してきて、ぐっと華やぎますね。右のものには迦陵頻伽が描かれていてそそります。
10013025_1483246715231632_879810297_n.jpg

東京国立博物館の東洋館には、唐代に作られた二匹の魚の図像の鏡が展示されていたのを思い出しました。
それまでの鏡の持っていた魔除けという意味合いが、純粋に目で見て楽しむものへと変化していったことが伺えます。

でも私としてはやっぱり神仙思想や陰陽思想を反映した漢代の鏡が好きですが。東王公と西王母が描かれていたり、縁には日月を龍が運んでいる像が施されていたりと、とにかくロマンに溢れてるんです。
そういえば五島美術館のミュージアムショップには、銅鏡のレプリカが売られていて、銅鏡フェチとしては欲しかったのですが、お値段七万円でした。
到底手が出ない……。

その後美術館を出て二子玉川でお茶をいただきました。
注文したのはマスカットフレーバーのジャスミンティー。見た目も美しく、香りも豊かで美味しかったです。
注文はしませんでしたが、ケーキも種類豊富で、しかもオリジナリティに富んでいて美味しそうでした。
こんな素敵なカフェが近くにもあればいいのに……。
1010124_1483246725231631_1738399241_n.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夕星桔梗

Author:夕星桔梗
元日本古代史ゼミ所属。作家志望のアマチュア物書き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
Booklog
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR