FC2ブログ

【鑑賞】「うらめしや~ 冥途のみやげ」展@東京藝術大学大学美術館

COiiVHrUAAApB4w.jpg

COiiVItUsAAPwD-.jpg


一昨日は妹と上野は芸大美術館の「うらめしや~ 冥途のみやげ」展へ。実は私は彼氏と前期の展示は観に行っていたのですが、今回の展示の目玉である上村松園の「焔」(ポスター参照)は後期展示のみということで、妹の要望もあってふたりで観に行くことになったのでした。

内容としては谷中にある全生庵の三遊亭圓朝がコレクションしていた幽霊画と、明治期以降の錦絵や浮世絵、そして上村松園をはじめとした近代絵画をメインに、般若などの能面も展示されていました。
前期展示とは多少異なる展示内容だったので、後期展示も楽しめて良かったです。
怪異TVのお手伝いの際に幽霊画について調べていたので、幽霊画の元祖となった伝円山応挙筆の幽霊画も観られて僥倖でした。
私はどうにも錦絵よりはこうした江戸時代を中心とした掛け軸に描かれた幽霊画が好みなようです。
錦絵だとたとえば源氏物語を描いているはずなのに、明らかに服飾が時代が下った意匠になっていてがっかりしてしまうので。

COiieUQUAAALOJ3.jpg


そして展覧会予告のパンフレットの中に気になるものが……。
金沢文庫は一度訪ねたいと何度も思ってはいたのですが、都内から距離があることもあり、また内容がマニアックなこともあってなかなか他の人と行きづらいのです……。
もちろんひとりでじっくり観て回るのもいいんですが。

美術館を出たあと、妹と上島珈琲店でお茶をして、久々にいろんな話をしました。
妹の留学経験談なども聞けて興味深かったです。アメリカに身を置くことで改めて日本を捉え直す良いきっかけになったようで、立派になったなぁと我が妹ながら感心したのでした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夕星桔梗

Author:夕星桔梗
元日本古代史ゼミ所属。作家志望のアマチュア物書き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
Booklog
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR