FC2ブログ

【感想】歴史秘話ヒストリア 愛と信念は海を越えて ~鑑真と弟子たち 7000kmの旅路~

愛と信念は海を越えて
~鑑真と弟子たち 7000kmの旅路~
●本放送 平成27年 9月 9日(水) 22:00~22:43 総合 全国
●再放送 平成27年 9月16日(水)
14:05~14:48
総合
全国
※再放送の予定は変更されることがあります。当日の新聞などでご確認ください。
配役:鑑真 役:川上 哲/普照 役:浜崎大介/栄叡 役:五馬さとし
エピソード1 鑑真和上坐像の秘密
国宝・鑑真和上坐像
奈良の唐招提寺に伝わる国宝「鑑真和上坐像」。日本初の実在の人物をかたどった像といわれます。2年前、鑑真1250年忌にあわせて、そのレプリカ・御身代わり像が作られました。このため当時用いられた材料や技法が再現されましたが、そこから浮かび上がってきた人間ドラマとは…?
 
エピソード2 鑑真はなぜ日本に?
奈良時代、聖武天皇は僧侶を律する「戒律」によって乱れた日本の仏教を正したいと考えます。しかし、それは日本に無く大陸に渡らねばなりません。帝の命を受け、二人の日本人青年僧が中国・唐へ。苦心のすえ、戒律にくわしい高僧・鑑真の日本行きにこぎ着けますが、本当の苦難はそのあとからでした…。
高僧・鑑真と弟子たちが日本へ向け旅立つ(再現)
 
エピソード3 弟子との別れ
鑑真に、普照は別れを告げた(再現イメージ)
日本渡航は5度試みられ、いずれも失敗。仲間の裏切り、密告、遭難…日本人僧のひとり、栄叡は亡くなり、のこった普照はこれ以上鑑真のそばにいては迷惑がかかると姿を消しました。その後、鑑真一行は日本の遣唐使船に望みをつなぎますが、これも挫折の危機に!八方ふさがりの鑑真たちを救ったのは…?
 
この回ゆかりの地は・・・

唐招提寺

参考文献

『鑑真』(東野治之 岩波新書)
『人物叢書 鑑真』(安藤更生 吉川弘文館)
『おん目の雫ぬぐはばや 鑑真和上新伝図説 中国文化百華』(王勇 農山漁村文化協会)
『現代語訳一切経 唐大和上東征伝』(大東出版社)
『唐招提寺』(小学館「古寺をゆく」編集部 小学館)



途中からではありましたが、エピソード2から観ました。
鑑真に関してはそれまで教科書に書かれているような基本的な事項しか知らなかったので、今回日本に来るまでの苦難の道のりが垣間見られたことは良かったと思います。
またエピソード2で語られた、中国の伝説(はるか以前に、恵思という中国の和尚が円寂の後、日本国に転生して王子となった。この王子は仏を篤信し、仏教を大いに広め、衆生を遍く済して、遂に日本で仏法を興隆させた、というもの)が普照と栄叡が語る聖徳太子の逸話と重なっていたことから鑑真は日本へ行くことを決意したとは初めて知りました。
奈良時代に関する概説的な知識はあっても、続日本紀はまだ初めの方しか読んでいませんでしたし、まだまだ勉強不足であることを実感したのでした。

エピソード3では、鑑真の元から去った普照の手助けによって鑑真が無事日本に来られたこと、それから番組の最後には鑑真が中国に一時的に里帰りした逸話が語られていました。
まさかあの文革の後に中国の仏教復興の端緒となったとは知らず、鑑真の与えた影響は現代にも引き継がれていることに胸が熱くなりました。
今の中国のことを見聞するにつけて、あの文革さえなければ……と思うこともしばしばですが(それは世界遺産 時を刻む「中国 湖に竜が目ざめるとき・伝説」を観ていても感じたのを今でも覚えています)、改めてあの文革が何であったのか、今の中国にいかに影響を与えたのかも知りたくなり、今回のヒストリアには知的好奇心を大いに刺激されました。

さて次回は織田信長にまつわる特集ということで、今から楽しみです。録画予約しておかなくては……。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夕星桔梗

Author:夕星桔梗
元日本古代史ゼミ所属。作家志望のアマチュア物書き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
Booklog
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR