FC2ブログ

長崎寺社巡礼 壱

まずはいつもお世話になっている祇園さんこと八坂神社へ。
ご祭神は素戔嗚尊・奇稲田姫命・八幡大神・大山咋大神。
このたび無事に長崎に帰ってこられたことをご報告しました。

八坂神社


美人稲荷
境内に祀られている櫻姫美人稲荷さま。
とても綺麗なお名前の由来として次のような逸話が残っています。

「ご近所に住むご夫婦が神社参詣中、出産で苦しんでいる狐を見つけました。不憫に思い自宅に抱いて帰り、看病することにしました。
一生懸命介抱してあげますとその甲斐があって無事、出産することが出来ましたので、十分に養生した後、元気になった母狐と子狐をこの境内に戻してあげまし た。
そうすると、その夜ご夫婦の夢枕になんとも美しいお姿のお姫様が現れ、お礼をされました。」 (八坂神社公式HPより)


お稲荷様好きとしてはたまりませんよね。お詣りするたびに身も心も綺麗になれますようにとお祈りしています。

image[5] (2)
いただいた八坂神社の御朱印。


続いてお隣の長崎山 清水寺へ。
実は長年長崎に住んでいながらこのお寺にお詣りしたのはこれが初めてのことで、本堂の堂々とした趣に圧倒されました。九州西国三十三観音霊場二十五番札所であり、2010年に国の重要文化財に指定されたそうです。

清水寺

清水寺は、京都清水寺の僧・慶順によって元和9年(1623年)に開基された。当初は京都の清水寺に倣って木造懸造の舞台をもつ構成だったが、正保3年(1646年)に現在の石垣・石造高欄・石畳の形式に改修された。現・本堂は、寛文8年(1668年)に唐商・何高材が日本人妻の菩提を弔うため、子の兆晋・兆有と共に寄進再建したものである。何高材はこれより前に崇福寺雄宝殿(国宝)も寄進していた。


本堂の建築様式にも中国の影響が多分に見られるとのことで、長崎の諸文化に与えた中国の影響の大きさを改めて感じました。

image[2] (2)
清水寺の御朱印。





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夕星桔梗

Author:夕星桔梗
元日本古代史ゼミ所属。作家志望のアマチュア物書き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
Booklog
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR