スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【美術鑑賞】ほとけの教え、とこしえに。展@根津美術館

ひとりで根津美術館の「ほとけの教え、とこしえに。」展へ。

美術品はフィーリングで鑑賞するのが好きなので美術史のことはよくわからないのですが、主に古代日本仏教史の流れがつかめる内容になっていて、なかでも来迎図が印象に残りました。
来迎図というとやはり平安時代の浄土信仰を想起します。

平安時代の仏教信仰では密教もかなり大きな影響を与えていますが、こちらはまだまだ入り口すらつかめてないのでもっと学んでいきたいところです。

また南都六宗のうちの法相宗にまつわる法相曼荼羅も展示されていて、それまでどこか縁遠かった法相宗の息吹? を感じたのでした。

また今回は再び春日宮曼荼羅に出会えただけでなく(初めて根津美術館を訪ねたのが春日宮曼荼羅の特別展のときで、心惹かれたのを鮮明に覚えています)、展示室3で春日若宮大般若経と春日厨子もお目にかかれたので、一昨年の夏に訪ねた春日大社をなつかしく思い出したのでした。

さらに今回は大好きな雛人形や雛道具の数々も見られましたし、なにより茶道具の名品(鬼熊川茶碗 銘 白桃や赤楽茶碗 銘 ハッサイなど)を見られて僥倖でした。
先日箱根旅行のおりに訪ねた箱根美術館で「初時雨」や「田子の浦」を観て感銘を受けたので、改めて茶道具の美に魅せられました。
二つの美術館でそれぞれ違う火襷の器を観られたのもなにかのご縁だったのでしょう。

ミュージアムショップではポストカードを購入。
今回の展示されていた茶道具はほとんどなかったので、直感で気に入ったものを選びました。

12321697_1726386780917623_7918270227861600421_n.jpg
内裏雛 明治時代 武田恆正氏寄贈

12063848_1726386800917621_6115989675650879515_n.jpg
春日宮曼荼羅 南北朝時代(部分)

12928437_1726386807584287_2847106099463850927_n.jpg
左上:重要美術品 井戸茶碗 銘 三芳野 朝鮮時代
右上:重要文化財 雨漏茶碗 朝鮮時代
下:重要文化財 鼠志野茶碗 銘 山の端 美濃 桃山時代

根津美術館オリジナルのお香も気になったんですが、今回の展覧会のお香が白檀オンリーだったのと、他にもまだ開けていないお香がいくつもあったので見送りました。
根津美術館のお香は春日宮曼荼羅展のものを持っていますが、落ち着いた風情のある香りで気に入っています。
もともとお寺のお香が好きで三井寺や仁和寺のお香も持っているので、根津美術館のどこかいにしえを思わせる香りのお香は大好きなんです。
もう少し手持ちのものを味わってから買い求めたいと思います。


展示をひととおり観たあとは久しぶりに庭園へ。
花は少なかったですが、気持ちの佳い気候だったので晴れ晴れとした気分になりました。

12670694_1726386730917628_7696209463052063464_n.jpg

12924353_1726386754250959_4211845060679892732_n.jpg

10406870_1726392300917071_1480314506348523670_n.jpg

10649833_1726386744250960_1045576405877986181_n.jpg
スポンサーサイト

【感想】2016.03.12 環境/文化史研究会 例会

環境/文化史研究会 例会
松尾恒一氏「長崎における媽祖信仰――近世における清国・長崎の交易と近現代における信仰・祭祀の伝承――」

一般参加してきました。所用があったので拝聴できたのは最初の発表と質疑応答のみだったのですが、こうして無事に参加できてよかったです。
おおまかな流れとしては長崎における華僑の人々と、彼らの同郷組織である唐寺、そしてそこに伝わる媽祖信仰をめぐるお話でした。

昨年帰省の折に崇福(そうふく)寺と興福寺を巡ったこともあり、以前から媽祖信仰が気になっていたのでとても得るものが大きかったです。

なかでも媽祖行列のくだりは面白かったです。唐船で祀られていた媽祖を、船の寄港時のみ唐寺を移す際に行われたのが媽祖行列ですが、今回の発表では『長崎土産』という文献にかなり詳細な行事の様子が書かれていることを知りました。

当時は宗教儀礼としての性格が強かった媽祖行列も、(長崎のみなさんはご存じのように)現代ではランタンフェスティバルのメインイベントとして行われています。現代では女性タレントや女性の有名人を媽祖様に見立てて行列をしていて、男性タレントを起用する皇帝パレードとは対をなす(?)イベントになっています。

ここから信仰が商業ベースで消費されていることが窺えますが、もはや媽祖信仰は形骸化して全面的にショービジネス化が行われており、ここに宗教のあり方の変容の一例を見ることもできるかもしれません。

他にも興味深いお話が多々ありましたが、特に気になったのは唐寺の担った役割でした。唐寺は唐人の葬送だけでなく、キリシタン中国人の流入を恐れたために、彼らが信仰を寄せていた媽祖像のチェック機能を有していたというのです。
というのも台湾では聖母マリア像と媽祖像とが習合した例があるということで、私としては同じく長崎のキリシタンたちの信仰から生まれたマリア観音を想起させて面白いと感じました。
またネットで「媽祖」を調べてみると、東京媽祖廟のページに「天上聖母」という別名を有するとあったのですが、これはかなり聖母マリアを意識したネーミングだなと感じました。
ちなみに媽祖と観音が結びつけられるという北條先生のお話もありました。観音=海難から救うという信仰が古くからあったようです。

あいにくと今回が初参加ということもあり、また一般参加ということもあって気圧されてしまい、質疑応答で発言できなかったのですがこの場を借りて私見を述べておきます。

民俗学と信仰という視点で考えたときに、信仰の多様性を鑑みていく必要があるのかなと思いました。特に長崎は外来文化が根付いた土地でもあるので、民間信仰ひとつ取っても隠れキリシタンの信仰やキリスト教流入以前からあった荒神信仰、水神信仰および土神信仰(私の故郷では集落のあちこちに水神様や土神様と記された小さな碑が点在しています)など諸文化が入り混じっています。

地域的な特色や信仰している集団の違いはもちろんありますが、たとえば島原半島にある島原市ではかつてのキリシタン弾圧のあおりを受けて、キリシタンではないことを内外に知らせるために、現在でも民家では年中正月飾りが戸にかけてあるなどの影響が見られます。

また媽祖信仰は中国由来のものですが、松尾先生のお話のなかに聖母マリアと習合された例が台湾に見られるというものがありました。日本では弾圧されたキリシタンたちがマリア観音を作ってひそかに信仰を守り伝えた例があり、このようにキリスト教が既存の民俗宗教および生活に与えた影響は無視できないと思われます。

世界的な視野の広がりという意味でも、民俗宗教におけるキリスト教の影響という視座は今後の民俗学を考えていく上でも重要になってくるのではないでしょうか。

12809604_1719604071595894_6817116309280113115_n.jpg
帰省の折に撮った崇福寺。

10351314_1719604018262566_2326669974317519643_n.jpg
帰省の折に撮った興福寺。

【美術鑑賞】トーハク総合文化展【童子切安綱】

今日は久しぶりにひとりでトーハクへ。

お目当は仏教美術。
先日末木文美士さんの『日本宗教史』を読んで改めて日本古代の諸宗教に関心を持ったので足を伸ばしてきました。
ちなみに今は同じく末木さんの『日本仏教史』を読んでいます。

仏教美術というと私はフィーリングで鑑賞するのが好きなのですが、今回は特に平安時代に着目して鑑賞してきました。
(写真の仏像はすべて平安仏です)

10268434_1716541561902145_5463871096636239755_n.jpg
不動明王立像

12791081_1716541568568811_5158493023375058676_n.jpg
吉祥天立像

12804910_1716541591902142_3168455927223249267_n.jpg
国宝 広目天立像

10660129_1716541598568808_2646990809736483106_n.jpg
重要文化財 毘沙門天立像

12802815_1716541691902132_3581588029663752284_n.jpg
毘沙門天立像

12799060_1716541655235469_5583360954126098615_n.jpg
重要文化財 日光菩薩坐像

こうしてみると洗練された鎌倉時代の仏像とは違って素朴な味わいが目につきます。
これまでは平安仏の良さがあまり分からなかったのですが、具象性・写実性に富んだ鎌倉時代の仏像よりも柔和な趣があっていいものだなぁと感じました。

アカデミックな場を離れて個人的に学んでいこうとするとモチベーションの維持という壁に阻まれてしまいますが、こうして美術館に足を運んでビジュアル資料を取り入れてみるといいのかなとも思います。
平安仏というと、トーハクで今年の秋に平安仏の特別展があるそうなので今から楽しみです。

それから写真に収めたのは平安時代の仏画や写経、大学時代に関心を抱いて以来美術館に行くたびにチェックしている銅鏡、平安時代といえばこれ抜きには語れない「白氏文集」など。

1936174_1716541711902130_3491542537390008455_n.jpg
国宝 十六羅漢像(第一尊者)

12806130_1716541721902129_8922169859521141918_n.jpg
国宝 十六羅漢像(第十六尊者)


12814755_1716543575235277_4277215883520863425_n.jpg
藤原行成筆 白氏詩巻

時代が下って伊達政宗の書状も思わず撮ってきました。
12512262_1716541791902122_7053366311746916564_n.jpg
消息 伊達政宗筆

12803162_1716541801902121_8032753347328099017_n.jpg

戦国武将の書状といえば、3/19〜國學院大學博物館で織田信長・豊臣秀吉の書状が公開されるということで気になっています。



それから今日は雛まつりということで写真の古今雛をはじめとした江戸時代の雛人形がいくつも展示されていました。
元々雛人形が好きなのでこうして普段はなかなか観ることのない古い雛人形を見られて嬉しかったです。
雛道具には紫檀を使うなど贅をこらしたものもあり、こちらも見所が多かったです。

12806130_1716541831902118_8444049000534267953_n.jpg

ちなみに我が家の雛人形は大垂髪ではなく髪を結わない垂髪の女雛。
なかなか垂髪の女雛を見かけないのでなんだか恋しくなってしまったのでした。
垂髪の女雛は平安情緒があって大好きなのです。


最後に童子切安綱。

10420328_1716541825235452_4580753814157346397_n.jpg

とうらぶからはすっかり離れてしまいましたが、刀剣を鑑賞する楽しみを教えてくれたゲームでもあったので観てきました。
平日の昼間ということもあり、またとうらぶでは未実装ということもあってか、三日月宗近や獅子王の展示のときとは打って変わってがらんとしていて少々ショックでした。
一過性のブームで終わることなく、息の長い刀剣ファンが増えてくれるといいのですが……。

【読書録】2016年2月の読書録

2016年2月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1030ページ
ナイス数:75ナイス

日本宗教史 (岩波新書)日本宗教史 (岩波新書)感想
大学時代に日本古代史ゼミで記紀神話を専攻していたので、律令制成立以降の宗教史に関心を抱いて読んだ一冊。古代の箇所は指導教官による指導に重なる部分が多々あってするりと読めたが、中世以降の仏教思想のくだりが難しかった。私が興味があるのは近世までの宗教史なのだなと再確認。それでもキリスト教とそれまでの既存宗教を完全に分けて考えていた身としてはそれらの相互関係が不可分なものであることを学べただけでも収穫だった。長崎出身で大学がカトリックなのでキリシタン史に関しては基礎知識があるが、仏教の勉強をもっとしてみたい。
読了日:2月28日 著者:末木文美士
集中講義織田信長 (新潮文庫 (お-70-1))集中講義織田信長 (新潮文庫 (お-70-1))感想
書かれたのが十年以上前ということもあってか、今ではすでに通説となっている信長像をわかりやすくも丁寧に描き出している。特に安土城のくだりは歴史秘話ヒストリアの「信長の楽園へようこそ~3つの城のサプライズ~」でも放映されていたとおりだったのでこれが種本だったのかと気づいた。信長の研究は日進月歩で進んでいるので次はより新しい本を手に取ってみたい。また戦国史初心者としては人物史よりも先に戦国史そのものを概観する本を読む必要性を痛感したので、近いうちにその分野の本を読むことにしたい。
読了日:2月22日 著者:小和田哲男
バレエ・メカニック (ハヤカワ文庫JA)バレエ・メカニック (ハヤカワ文庫JA)感想
ホモ描写あるからあげる、と彼に手渡された一冊。そういうわけでトキオくんを終始追いかけるようにして読みました。第三章でまさか多重人格の集合体になるとは……。SFではよくある設定ですが、その唐突さには驚きました。それでも最後は彼の個人的体験に集約されていくラストがなんとも好みです。脳内でアニメ化しつつキャラ小説として読むのは邪道なんでしょうが、その分SFな世界観に呑み込まれつつも読み進めやすかったかなぁと思います。このキャラがここでこう繋がるのか!という面白さも味わえたので。ちょうどいい息抜きになりました。
読了日:2月16日 著者:津原泰水
新釈古事記 (ちくま文庫)新釈古事記 (ちくま文庫)感想
スサノヲにはじまり、オオクニヌシ、神武にヤマトタケル、神功皇后に雄略まで。古事記というよりは石川淳セレクトの古事記人物列伝といった体裁をなしており、時にはユーモアを交えた生き生きとした筆づかいが伝わってくるようだ。はじめて古事記を読む人にはおすすめできないが、古事記の筋書きをあらかじめ踏まえた上で読むと石川淳のヒロイックでますらをぶりなフェティシズムが伝わってくるようで楽しめる。小説の参考資料にと読みはじめたが、あっという間に全編読み終えてしまった。
読了日:2月5日 著者:石川淳

読書メーター


読破冊数はかなり落ちたものの併読をはじめて一ヶ月が経ち、その効果を改めて実感している。
併読は読み終えるまでに時間がかかってしまうけれど、私の場合本を手にする機会は格段に増えた。
また併読をする上で隙間時間を利用して本を読むようになったのだが、これが存外効果的だった。
まとまった時間を読書に充てるよりも集中できるようになったのだ。
そうした状況下で先月中頃からドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』を読み始めたのだが、他の本と併読することでより読みやすくなっていると感じている。
気分に合わせて読む本を選べるというのは幸せなことだなぁと思わずにはいられない。

もちろん併読に向いている本とそうでない本はあるのかもしれない。
気づいたのは短編小説と長編小説を組み合わせたり、小説と手軽に読める学術書を組み合わせたりすると有効だということ。
短編小説や学術書がスパイスとなって良い気分転換のひとときを与えてくれるのだ。
もともと日本近代文学に入り浸っていたこともあり、長編を読む体力がそれほど身についていない私にとって併読の効果は大きいようだ。
これからも併読スタイルで読書を楽しむことにしたい。
プロフィール

夕星桔梗

Author:夕星桔梗
元日本古代史ゼミ所属。作家志望のアマチュア物書き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
Booklog
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。