スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【音楽鑑賞】Masakatsu Takagi Concert 2015 Yama Emi

CPl9ZQRUEAAfM1o.jpg


昨日は先輩からチケットを譲っていただいて、彼氏と高木正勝さんのコンサート「山笑み」へ。

全二日間の公演で、一日目を見にゆかれた先輩が苦言を呈しておられたので、ちょっとひやひやしていたのですが、二日目はといえば……もう、最初から最後までずっと泣いてました。

私は普段音楽を聴いて泣くような人間ではないんですが、このたびばかりは数年前、根津美術館に中世の日本の水墨画を観に行ったときにずっと涙が溢れてきて止まらなかったことを思い出しました。

両者に共通するものが何なのか、私にはわかりませんが、感覚としてはとても近しかったように思います。彼氏もちょうどその時のことを思い出したみたいで(根津美術館の展示も一緒に観に行ったので)「あれといっしょだったよね」と云っていました。

高木さんの音楽はTai Rei Tei Rioまでしか聴いていなかっただけに先入観もなく彼の音楽が耳に入ってくるのと、スクリーンに映し出された数々の映像の効果も相まって、それはそれは涙腺を刺激されたのでした。

中でもすばらしかったのは「山笑み」にふさわしい「おおはる」「かみしゃま」そして「山咲き唄」。
兵庫県の山村に移住して二年になるという高木さんの、生活の中で感じたままの音が表現されているだけでなく、高木さんの周囲の人々(村人のおじいさんやおばあさん)の日々の暮らしまで伝わってくるようでした。
コンサートの中で、高木さんは彼らに少しでも返せるものがあれば、と云っていたのが印象的でした。

私は幼い頃長崎の片隅の田舎で祖母の元で育てられたので、そこに根付いた人々の素朴な信仰(幼い頃はお地蔵様の前を通るたびに手を合わせなさいと祖母に教わっていましたし、一年前ふるさとに帰ったときには水神さまを祀った小さな石碑や人目につかないような祠にも花やお酒が供えられていたことに気づきました)が私の根底に流れていると思うんですが、それはおそらくちょっと昔の人々に共通した意識だったと思うのです。

今回のコンサートを聴いて、その素朴な信仰を目の当たりにしたような懐かしさを思い出してしまったのでしょうね。
村人に教えてもらったという新潟県は佐渡の音頭を演奏するシーンもあり、それは高木さんにとってとても自然なところに行き着いた結果だったのかな、と思いました。
高木さんには音楽をつくる上で宗教的な意識はないそうなのですが、彼の表現したいものはある種の祈りであり、アニミズムなのだと思いました。

そして今回は様々な民族楽器を使用していたこと、そして歌い手の女性(民謡風の歌い手さん)がアイヌ民族の衣装を纏っていたこと(それが何を意味するのか私には判断がつきかねましたが)、それから映像のなかにアフリカの子どもたちを映し出していたことから、高木さんの「人間の原点に帰っていこう」という方向性を垣間見たような気がしました。

それは云い換えてしまえば単なる文明批判なのかもしれませんが、彼の音楽には肩肘張った主張はなにもないんですよね。ごく自然に、肩の力を抜いて一歩ずつ自然へと回帰していく。
それは人間に対する自然ではなくて、自然の一部としての人間へと帰ってゆくのです。それも自然な流れで。
それを彼氏は「文人のようだ」と評していました。(陶淵明の帰去来の辞とか白居易が山村で近所の老人たちにも分かるようにと詩を書いたこととか、蘇軾が東坡肉を作って近所の村人に振る舞ったとかいろいろ話していましたが、門外漢の私はただふむふむと聞くばかりでした)

音楽って理屈で聴くものではないし、信仰もまたしかりだと私は思っているのですが、今回のコンサートはそれらのひとつの形として完成されていたなと感じました。本当にすばらしい「音楽体験」をさせていただいたなと思っています。
スポンサーサイト

【感想】歴史秘話ヒストリア 信長の楽園へようこそ ~3つの城のサプライズ~

信長の楽園へようこそ
~3つの城のサプライズ~
●本放送 平成27年 9月16日(水) 22:00~22:43 総合 全国
※再放送は未定です。
配役:織田信長 役:櫻木 誠
エピソード1 ノブナガの城は “魅せる”城
信長の城は創意工夫のかたまりだった(CG合成)
現在、発掘調査のすすむ“信長の城”では新たな事実が次々と見つかっています。大きな石垣をそなえ、敵に見せるだけで勝利した「小牧山城」。訪れる者を驚かせる仕掛け満載の「岐阜城」。そして「安土城」は世界遺産モン・サン・ミッシェルそっくり!しかも日本初のライトアップまで行われていた!?
 
エピソード2 城を“魅せる” 究極の仕掛け
安土城では、さらなる信長の“サプライズ”を発見!天主の石垣にくっつくように建てられた謎の建築…城郭研究家の千田嘉博さんは、これを「懸造(かけづくり)」という舞台状の建物と大胆推測します。絢爛たる天主を背負うステージに立ち、人々に“天下人”として印象づける信長一流の演出なのか!?
安土城には信長の“ステージ”が!?
 
この回ゆかりの地は・・・

小牧山城
岐阜城
安土城

参考文献

『織豊系城郭の形成』(千田嘉博 東京大学出版会)
『よみがえる真説安土城』(三浦正幸 監修 学研)


先週から楽しみにしていた放送だったのですが、ちょうど国会の安全保障法案をめぐる情勢のニュースと重なって、観られるかどうか分からないという状況でいつになくヒヤヒヤしました。
結果的に無事に観られたので良かったですが、これからもどうか平和にヒストリアを観られる日本であってほしいなと思います。

さて、内容としては信長公の三つの城(小牧山城・岐阜城・安土城)をめぐる最新の学説をビジュアルを交えながら紹介するというもので、ビジュアルを前面に出すテレビとは相性のいい仕上がりになっていました。
戦国史に関してはまだまだ勉強しはじめたばかりで、信長公についてもまだその人物像を掴みきれていないのですが、彼についての諸事情を知れば知るほど興味深いというか、天下人の中でも突出した魅力がある人物だなあと感じています。
今回は城から信長公の人物像に迫るという切り口で、中でも岐阜城の構造や安土城のライトアップなど、もはや軍事要塞としての城郭というよりは、それだけに留まらない、彼の「権力を誇示する場としての城郭」という印象を受けました。
まるで信長の野心をそのまま形にしているようで、改めて彼のキャラクターに興味を掻き立てられたのでした。
最後の安土城内部の構造に関しては、以前放映された「あなたの知らない信長の素顔 ~英雄を記録した男 太田牛一の生涯~」でも触れられていましたね。

こうした考古学的見地から歴史を見るということに関しては大学でも学んだ手法であり、その基盤があるからこそ改めて色々と考えさせられたのですが、とかく人物史ばかりが注目されがちな戦国史において、そうした観点から歴史を捉え直すことは大事なのではないかなぁと思います。
実は最近家族と相容れないことがあって脱ヲタを余儀なくされたのですが、その分かかっていたバイアスからも自由になって歴史と向き合えるかなというのはある種の利点だと捉えることで乗り切ろうと思っています。
いつか創作戦国という形でそれを表現できたらなと考えているので、まずは手軽な本から読み始めていきたいと思っています。

【鑑賞】「うらめしや~ 冥途のみやげ」展@東京藝術大学大学美術館

COiiVHrUAAApB4w.jpg

COiiVItUsAAPwD-.jpg


一昨日は妹と上野は芸大美術館の「うらめしや~ 冥途のみやげ」展へ。実は私は彼氏と前期の展示は観に行っていたのですが、今回の展示の目玉である上村松園の「焔」(ポスター参照)は後期展示のみということで、妹の要望もあってふたりで観に行くことになったのでした。

内容としては谷中にある全生庵の三遊亭圓朝がコレクションしていた幽霊画と、明治期以降の錦絵や浮世絵、そして上村松園をはじめとした近代絵画をメインに、般若などの能面も展示されていました。
前期展示とは多少異なる展示内容だったので、後期展示も楽しめて良かったです。
怪異TVのお手伝いの際に幽霊画について調べていたので、幽霊画の元祖となった伝円山応挙筆の幽霊画も観られて僥倖でした。
私はどうにも錦絵よりはこうした江戸時代を中心とした掛け軸に描かれた幽霊画が好みなようです。
錦絵だとたとえば源氏物語を描いているはずなのに、明らかに服飾が時代が下った意匠になっていてがっかりしてしまうので。

COiieUQUAAALOJ3.jpg


そして展覧会予告のパンフレットの中に気になるものが……。
金沢文庫は一度訪ねたいと何度も思ってはいたのですが、都内から距離があることもあり、また内容がマニアックなこともあってなかなか他の人と行きづらいのです……。
もちろんひとりでじっくり観て回るのもいいんですが。

美術館を出たあと、妹と上島珈琲店でお茶をして、久々にいろんな話をしました。
妹の留学経験談なども聞けて興味深かったです。アメリカに身を置くことで改めて日本を捉え直す良いきっかけになったようで、立派になったなぁと我が妹ながら感心したのでした。

【感想】歴史秘話ヒストリア 愛と信念は海を越えて ~鑑真と弟子たち 7000kmの旅路~

愛と信念は海を越えて
~鑑真と弟子たち 7000kmの旅路~
●本放送 平成27年 9月 9日(水) 22:00~22:43 総合 全国
●再放送 平成27年 9月16日(水)
14:05~14:48
総合
全国
※再放送の予定は変更されることがあります。当日の新聞などでご確認ください。
配役:鑑真 役:川上 哲/普照 役:浜崎大介/栄叡 役:五馬さとし
エピソード1 鑑真和上坐像の秘密
国宝・鑑真和上坐像
奈良の唐招提寺に伝わる国宝「鑑真和上坐像」。日本初の実在の人物をかたどった像といわれます。2年前、鑑真1250年忌にあわせて、そのレプリカ・御身代わり像が作られました。このため当時用いられた材料や技法が再現されましたが、そこから浮かび上がってきた人間ドラマとは…?
 
エピソード2 鑑真はなぜ日本に?
奈良時代、聖武天皇は僧侶を律する「戒律」によって乱れた日本の仏教を正したいと考えます。しかし、それは日本に無く大陸に渡らねばなりません。帝の命を受け、二人の日本人青年僧が中国・唐へ。苦心のすえ、戒律にくわしい高僧・鑑真の日本行きにこぎ着けますが、本当の苦難はそのあとからでした…。
高僧・鑑真と弟子たちが日本へ向け旅立つ(再現)
 
エピソード3 弟子との別れ
鑑真に、普照は別れを告げた(再現イメージ)
日本渡航は5度試みられ、いずれも失敗。仲間の裏切り、密告、遭難…日本人僧のひとり、栄叡は亡くなり、のこった普照はこれ以上鑑真のそばにいては迷惑がかかると姿を消しました。その後、鑑真一行は日本の遣唐使船に望みをつなぎますが、これも挫折の危機に!八方ふさがりの鑑真たちを救ったのは…?
 
この回ゆかりの地は・・・

唐招提寺

参考文献

『鑑真』(東野治之 岩波新書)
『人物叢書 鑑真』(安藤更生 吉川弘文館)
『おん目の雫ぬぐはばや 鑑真和上新伝図説 中国文化百華』(王勇 農山漁村文化協会)
『現代語訳一切経 唐大和上東征伝』(大東出版社)
『唐招提寺』(小学館「古寺をゆく」編集部 小学館)



途中からではありましたが、エピソード2から観ました。
鑑真に関してはそれまで教科書に書かれているような基本的な事項しか知らなかったので、今回日本に来るまでの苦難の道のりが垣間見られたことは良かったと思います。
またエピソード2で語られた、中国の伝説(はるか以前に、恵思という中国の和尚が円寂の後、日本国に転生して王子となった。この王子は仏を篤信し、仏教を大いに広め、衆生を遍く済して、遂に日本で仏法を興隆させた、というもの)が普照と栄叡が語る聖徳太子の逸話と重なっていたことから鑑真は日本へ行くことを決意したとは初めて知りました。
奈良時代に関する概説的な知識はあっても、続日本紀はまだ初めの方しか読んでいませんでしたし、まだまだ勉強不足であることを実感したのでした。

エピソード3では、鑑真の元から去った普照の手助けによって鑑真が無事日本に来られたこと、それから番組の最後には鑑真が中国に一時的に里帰りした逸話が語られていました。
まさかあの文革の後に中国の仏教復興の端緒となったとは知らず、鑑真の与えた影響は現代にも引き継がれていることに胸が熱くなりました。
今の中国のことを見聞するにつけて、あの文革さえなければ……と思うこともしばしばですが(それは世界遺産 時を刻む「中国 湖に竜が目ざめるとき・伝説」を観ていても感じたのを今でも覚えています)、改めてあの文革が何であったのか、今の中国にいかに影響を与えたのかも知りたくなり、今回のヒストリアには知的好奇心を大いに刺激されました。

さて次回は織田信長にまつわる特集ということで、今から楽しみです。録画予約しておかなくては……。

【書評】高橋源一郎『ぼくらの民主主義なんだぜ』



先日久々に神保町へ行って歴史関連の書籍を探していたのであるが、古代史はともかくとして最近気になっている日本の戦国時代に関しては大河ドラマ程度の知識しかないということもあり、古書店で本を探すのを断念し、入門書を探そうと三省堂へ赴いた。
新書で一冊気になっていた本があったので、普段は立ち入らない新書コーナーを見て回っているうちに、様々な政治関連の本があることに気づき、昨今の政治のことに関してももっと勉強せねばという想いがあったので、二冊ほど購入した。本書はその一冊である。

本書は朝日新聞の「論壇時評」というコラムに掲載された高橋氏の文章を一冊にまとめた本なので、一節一節が短くて有り体に云えばとっつきやすそうに感じた。
なにより、帯に書かれた「絶望しないための48か条」という文言が私を惹きつけた。私はとにかく昨今の政治情勢に失望していたからだ。
さっそく先日読んでみたところ、震災や従軍慰安婦、天皇制、就活のことなど時事問題を扱っていながらも、高橋氏の文学者らしい平易な文章はわかりやすく、また心を掴まれる箇所もあった。私にはまだまだ判断がつきにくい箇所や、いささかエモーショナルに書きすぎだと感じる部分もあったが、全体としては「いい意味で」朝日新聞に載るにふさわしい、このご時世に一石を投じるような仕上がりになっていたと思う。

たとえば私が刺激を受けた箇所は

古市(憲寿)は、日本人の戦争に関する記憶をたどり、ついに「戦争を知らなくていい」という結論にたどり着く。
前の戦争は、日本人にとってもっとも「大きな記憶」でありつづけた。だが、それに代わる「大きな記憶」を作ることは難しい。なぜなら、現在の日本人の大半にとって、もっとも「大きな記憶」とは、実は68年つづいた「平和経験」だからだ。古市はこういうのである。
「僕たちは、戦争を知らない。そこから始めていくしかない。背伸びして国防の意義を語るのでもなく、安直な想像力を働かせて戦死者たちと自分を同一化するのでもなく、戦争を自分に都合よく解釈し直すのでもない。戦争を知らずに、平和な場所で生きてきた。そのことをまず、気負わずに肯定してあげればいい」

という部分である。
被爆地長崎で幼少から平和教育を受けて育ってきた身としては、手放しで賞賛するわけにはいかないが、「そういう考え方もあるのか」とハッとさせられた。
私のように歴史を学んできたものにとって、この言葉はあまりに乱暴な気もするが、「平和そのものにフォーカスする」という考え方は決して悪いことではない。日本では「あの戦争を抜きにして平和を語ることはできない」という固定観念が根強く残っているし、私もその観念に縛られているけれども、一方で被爆者の方々の平均年齢が80歳を超えるなか、記憶を語り継いでいくことは難しい。
それをいかに語り継いでいくかという問題には真摯に向き合うべきだけれども、長崎や広島への原爆投下の日時などの「戦争の記憶」を知らない若者が増えつつある今、この古市氏の提言は評価されるべきものではあると思う。


それから

「反知性主義」のタイトルを掲げた本が次々と出されている。その中の一つで、内田樹は、こう書いている。「バルトによれば、無知とは知識の欠如ではなく、知識に飽和されているせいで未知のものを受け容れることができなくなった状態を言う」
逆にいうなら、「知性」とは、未知のものを受け入れることが可能である状態のことだ。

という部分である。私にはまだまだ知識が足りない。その分吸収するべき余地はたくさんあるし、まだまだ伸びしろはあると考えさせられた。

たとえば現代中国の問題にしても、日本で放送されるニュースで耳にすることだけでは分からないことが山のようにある。ここのところBS1のドキュメンタリーを観ることをすっかり怠っていたが、これを機に再開してみるのもいいかもしれない。
私は現代中国のことを知るたびに「これだから中国は」「所詮こんな国だ」とは思わない。ありのままの現実を知りたい。その思いが強くて、そこに何らかの価値判断を下すことは安易にしたくない。それは日本人という枠から外れて中国という国を知るためでもある。
その「知りたい」という思いこそ日本と中国を結びつけうる原動力になるのではないか。私はそう思っている。
先日テレビを観ていたら、『知日』という雑誌が中国の若者の間で売れているというニュースを知った。やはり海の向こうの彼らも日本に少なからず関心を持っているのだ。
わずかながらでも希望はある。そう信じたい。

【読書録】読書メーター8月分まとめ

2015年8月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1195ページ
ナイス数:35ナイス

ハワイに伝わる癒しの秘法 みんなが幸せになるホ・オポノポノ 神聖なる知能が導く、心の平和のための苦悩の手放し方ハワイに伝わる癒しの秘法 みんなが幸せになるホ・オポノポノ 神聖なる知能が導く、心の平和のための苦悩の手放し方感想
ここのところ私の心の調子が悪いということで、知り合いのご婦人からわざわざ送っていただいた一冊。大事に読ませていただきました。「ありがとう。ごめんなさい。許してください。愛しています」という四つの言葉を【自分に対して】唱えれば潜在意識の中に眠る記憶をクリーニングできるという本。心の中で唱えるだけでも効果があるとのことなので、実践してみたいと思います。
読了日:8月30日 著者:イハレアカラ・ヒューレン
蓼喰う虫 (新潮文庫)蓼喰う虫 (新潮文庫)感想
南禅寺が出てくるからという理由で手に取った一冊ではあったものの、南禅寺は最後の最後に一文だけ出てきただけでした。谷崎が描きたかったと思われる「失われゆくかつての日本文化の美」を象徴する人形のようなお久と人形浄瑠璃の場面にばかり惹きつけられたので、私も大概人形が好きだなぁと再認識。初期作品よりも日本の美を語る後期作品の方が好きな私にとってはなかなか好みな一作でした。美佐子と要の関係性がこの作品の主題ではあるものの、個人的にさほど関心を持てませんでした。当時としてはセンセーショナルな主題だったのでしょうが。
読了日:8月23日 著者:谷崎潤一郎
銀の三角 (白泉社文庫)銀の三角 (白泉社文庫)感想
数年ぶりに再読。初読時よりも内容を理解できたように思うけれど、時系列が複雑に入り組んでいて、迷宮に迷い込んでしまったかのよう。小説家でいうと泉鏡花の『草迷宮』や山尾悠子の作品を思わせるような陶酔感に存分に浸ることができた。萩尾望都作品の中でも群を抜いて美しい一品だと思う。
読了日:8月23日 著者:萩尾望都
新装版 播磨灘物語(3) (講談社文庫)新装版 播磨灘物語(3) (講談社文庫)感想
幽閉のシーンは昨年の大河ドラマ「軍師官兵衛」を想起させて壮絶の一言だった。特に「藤の花房」の章は印象的。そして何より半兵衛が自らの命をかけて松寿丸を匿うという決断をするところは、大河ドラマで見知ってはいたものの、改めて読んで胸が熱くなった。やっぱり二兵衛が好きです。半兵衛の子は関ヶ原で長政とともに戦うそうだけど、子どもの代まで友情が続いていたのだと思うとたまりません。次巻はいよいよ本能寺かな……? 司馬遼太郎がどこまで描き切るのか楽しみです。
読了日:8月6日 著者:司馬遼太郎

読書メーター
プロフィール

夕星桔梗

Author:夕星桔梗
元日本古代史ゼミ所属。作家志望のアマチュア物書き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
Booklog
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。