スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛇神にまつわる諸問題 参



新作オリジナル小説のネタを求めて図書館から借りてきた本の中に肥後和男「八岐の大蛇(抄)」という論文が掲載されていたので読んでみたところ、興味深い説がいくつかあったのでこちらにまとめておくことにする。
最も注目すべきは、やはりスサノヲ=ヤマタノヲロチという関係がこの論文でも明記されていることだった。以下引用してみると、

かくて八坂神も本来は八尺の神として蛇神を祭祀せるものに外ならなかったことが考えられたのであり、これまた八岐の大蛇的性格であったことを示し、その八岐ということが八尺ということと言語上の心理的聯関あることは想わしむるのである。


素戔嗚尊と八岐大蛇とが本来同一の存在であるという解釈は日本書紀纂疏などに始原するのではあるまいか。「此一段の因縁、神道不測の妙用より出づと雖も、其の理に至つては、則、仏教により解説すべし。夫れ大蛇は無明の体也。根本無明といふは是不覚の一念なり。転じて八識と為る。八識各々能変所変あり。故名けて八岐大蛇と曰ふ。素戔嗚尊、八大罪有り。其能作は心に在り。所作は事に在り。能・所を合わせて首尾各八の大蛇となる者也。八箇少女は是れ八正道なり。無明の蔽ふ所と為り其の智を失ふ。是れ大蛇のために呑まるる八女也。山河大地、明暗色空は皆無明の所変第八識の相分なり。故に松栢脊に生ずと曰ふ。酒を飲んで酔睡すとは味欲に耽着して心身を忘るる也。進雄尊一たび少女蛇のために呑まると聞き、忽ち悲心を起し、其苦を救はんと欲す。是れ則悲増菩薩の心也。是より次第に増進し、漸く四十二品の塵労を断ず。故に其蛇を寸斬すと曰ふ。頭より尾に至り最後即一宝剣を得たり。是根本智の喩なり。蛇尾剣有るは無明即法性なり。剣を以て剣を得るは、始覚本覚の義也。素戔、神に至る也」とのべている。これは固より仏教理論を以て説明するものであるが、その根本にあるものは古伝承の精神史的解釈であって、これを人間自覚成立の過程と見るものである。従って大蛇と神明とは結局その根源に於いて同一であり、神が自己の中にある無明を機縁とし、それを克服することによって神明を成就するというものである。


換言すれば素戔嗚尊は先ず八岐大蛇として、その姿を示されたであろうということである。この神の名義がスサブと形容される恐るべき威力にあったとすれば、その威力は具象的には先ず蛇神の姿に於いて示されたであろう。それが軈(やが)て人間的自覚の発達に伴って人格的形姿をすすめて来てついに素戔嗚尊として独立するに至ったと思う。

前回の記事から随分と間が空いてしまったが、以前の記事から鑑みてみてもこの説は妥当であろう。スサノヲ=ヤマタノヲロチという説は定説であると見ていい。
なお、この論文の冒頭には主に滋賀県の藁で蛇をかたどって五穀豊穣を祈願する祭りの事例が多数挙げられているが、残念ながら防疫に関する祈願のものは見当たらなかった。防疫と蛇という関係性をどう説明づければいいのか、未だ決定的な手がかりは得られていないが、今後とも文献調査を続けていくつもりである。
スポンサーサイト

【感想】歴史秘話ヒストリア あなたの知らない信長の素顔 ~英雄を記録した男 太田牛一の生涯~

あなたの知らない信長の素顔
~英雄を記録した男 太田牛一の生涯~
●本放送 平成27年 6月17日(水) 22:00~22:43 総合 全国
●再放送 平成27年 6月24日(水)
14:05~14:48
総合
全国
※再放送の予定は変更されることがあります。当日の新聞などでご確認ください。
配役:太田牛一役:大浦龍宇一
エピソード1 英雄とメモ魔 運命の出会い
牛一は風雲児・織田信長に心奪われた(再現)
信長がまだ尾張の小大名だった頃、太田牛一は弓の名手として信長の側近に抜擢されます。牛一が見た青年時代の信長は、奇妙なファッションに“うつけ”と呼ばれる変人ぶり。しかし、牛一はある日、信長の驚くべき発想と行動力を目撃!日記に信長の様子をしたためるようになります。
 
エピソード2 英雄・信長15年の天下取りを記録せよ!
京の都に攻めのぼった信長は、天下統一への道を走り始めます。希代のメモ魔だった牛一は、従軍記者さながらに主君信長の激闘の日々を記録。最強武田軍団との決戦・長篠合戦や史上最大の城・安土城の建設など信長15年の天下取りが、牛一の筆から鮮やかに描き出されます。
“従軍記者”太田牛一(再現)
 
エピソード3 その時、日記は『歴史』になった!
『信長公記』完成は本能寺の変からおよそ20年後だった(再現)
本能寺の変で敬愛する主君を失い茫然自失の状態だった牛一。しかし、その牛一に再び筆をとらせたのは、信長がどんな最期を遂げたのか知りたいという強い思いでした。そしてたどりついた信長最後の言葉「是非に及ばず」。その後20年以上をかけ、織田信長の一代記『信長公記』を書き上げるまでのドラマ。
 
参考文献

『信長公記』(太田牛一 角川文庫版・新人物往来社版など多数)
『織田信長という歴史 「信長記」の彼方へ』(金子拓 勉誠出版)
『「信長記」と信長・秀吉の時代』(金子拓編 勉誠出版)
『信長公記を読む』(堀新編 吉川弘文館)
『人物業書 織田信長』(池上裕子 吉川弘文館)

織田信長に関しては、今司馬遼太郎の『播磨灘物語』を読んでいることもあり、昨年の大河ドラマ「軍師官兵衛」を観ていたこともあって家臣や政敵に関してはとにかく苛烈な印象しかなかったのですが、今回のヒストリアで太田牛一という人物に焦点を当てて信長を見てみると、また違った信長像がそこには浮かび上がってきたように思いました。
近年の研究でも織田信長像は変わりつつあるとTwitterで見かけてはいたので、最新の研究書を読みたいなぁとは思っているのですが、どれから手をつけたものやら……日本の戦国時代史にはまだまだ疎いので、とりあえず信長公記を読んでみたくなりました。
最近刀剣乱舞の長谷部沼に落ちていることもあり、信長についてももっと勉強していきたい所存です。
新説については番組では触れられていなかったので残念ではありましたが、安土城を再現したCGを見て、改めて織田信長が天下人たらんとしていたことがよく分かりました。
なんせ最上階に歴代の中国の皇帝の図像を描いていたというのですから、いにしえより中国の思想や文化の影響を多大に受けてきた我が国にとって、それは織田信長が中国の皇帝にも比肩しうるような天下人像を思い描いていたということに他なりません。
実況中はとにかく「上様かっこいい」の一言でしたが、討ち死にした家臣の名を呼んで涙したり、本能寺の変では侍女を逃がしたりと、織田信長の優しさを垣間見たような気もいたしました。
ますます織田信長について知りたくなったよい回だったと思います。
子孫の方が大事に守り抜いた真筆の信長公記の研究も進んで、ますます史実に近しい織田信長像が明らかになるといいですね。
研究者の方々のたゆまぬ努力を祈っています。

【感想】歴史秘話ヒストリア 古代日本 愛のチカラ ~よみがえる 持統天皇の都~

●本放送 平成27年 6月10日(水) 22:00~22:43 総合 全国
●再放送 平成27年 6月17日(水)
14:05~14:48
総合
全国
※再放送の予定は変更されることがあります。当日の新聞などでご確認ください。
配役:持統天皇(声):水樹奈々/天武天皇(声):吉野裕行/再現ドラマの持統天皇 役:大河内奈々子
エピソード1 大海人とサララ 最強夫婦 誕生!
薬師寺東塔はサララと大海人皇子が寄り添う姿といわれる
讃良(サララ)皇女は大海人皇子(のちの天武天皇)と政略結婚させられますが、しだいに愛情を深めていきます。壬申の乱で即位した天武天皇のおきさきとして共に政治にあたるサララ。しかし病がサララを襲います。奈良の薬師寺には、その時の夫・天武天皇の思いやりが…“最強”夫婦、愛と闘いの秘話。
 
エピソード2 夫の遺志は私が継ぐ!
夫亡き後、その志を継ぐためサララは即位します。持統天皇です。近年、持統天皇が築いた都・藤原京の規模は、平城京や平安京を超えることが分かってきました!巨大な首都と全国道路網の建設-持統天皇が反対を押し切ってまで大事業をすすめた背景には、当時の日本の危機的状況がありました。
新たな首都建設は天武天皇の、そして持統天皇の悲願だった
 
エピソード3 永遠に…
動乱の古代を生き抜き“日本”をつくった持統天皇
藤原京の真南にある古墳・野口王墓は、天武天皇の陵墓です。これは都の宮殿の持統天皇が亡き夫に語りかけながら政をおこなったことをしのばせます。やがて崩御した持統天皇も、同じ陵に葬られました。しかし、その埋葬は天皇自身の遺言で、初めての“火葬”。持統天皇・サララ生涯最後の愛とは…
 
この回ゆかりの地は・・・

薬師寺
特別史跡 藤原宮跡
野口王墓(天武・持統天皇陵)

参考文献

「日本文学とその周辺」(大取一馬編 思文閣出版)より
 『古代尺よりみたわが上代文物―薬師寺について―』(関根真隆)
『古代道路の謎』(近江俊秀 祥伝社)
『飛鳥の王陵』(飛鳥資料館)



今回はあの澤田瞳子さんの歴史小説『日輪の賦』にも登場した持統天皇が主人公ということで放送を楽しみにしていました。声優の水樹奈々さんが出るという点には一抹の不安を覚えていたのですが……(奈々さんは好きですが持統天皇のイメージではなかったので)。
蓋を開けてみたら、今回のヒストリアはほとんど天上の虹の宣伝でした。作者の方のインタビューシーンも多く、原作ファンには楽しめたのでしょうが、古代史を専攻していた人間としては、収穫があったのはほぼ全国にわたって広い公道が整備されていた=私が想像していたよりも中央集権化が進んでいた、ということが分かったことと、薬師寺の東堂院に収められている聖観世音菩薩像が持統天皇の時代に作られたものであるということが分かった点、それから持統天皇が火葬された点、ただそれだけでした。
持統天皇の火葬についてはなぜ火葬にしたのか分かっていないということでしたが、おそらく倭服を漢服に改めたり跪礼を立礼に改めた彼女のことですから、葬法も唐に倣ったのでしょう。
史料編纂のシーンは『日輪の賦』を思い出して胸が熱くなったりもしましたが、今回ヒストリアで描かれているのはもっぱら天武天皇と持統天皇のふたりだけで、皇子たちなどは一切登場しないまま終わってしまったのがなんというか恋愛漫画をなぞっているだけだなという印象でした。
ナレーションで語られている当時の国際情勢や日本が置かれていた状況も、古代史を専攻している人間にとっては耳にたこができるぐらい聞かされたものなので新鮮みはなく、一般向けの趣味番組以上の役割を果たせていないなと感じました。
もちろん今回の番組を観て、もっと古代史を勉強しなくてはいけないなとは思ったのですが……(私は卒論で記紀神話を扱ったため、知識が歴史学からちょっと逸れているのです)やはり本を読んで勉強するのがもっとも着実な道だなというのを実感しました。
次回は織田信長回ということで、刀剣乱舞のへし切長谷部にすっかり心を奪われている私にとっては楽しみなのですが、はてさてどうなることやら。

【読書録】読書メーター5月分まとめ

2015年5月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1392ページ
ナイス数:35ナイス

黒田官兵衛: 智謀の戦国軍師 (平凡社新書)黒田官兵衛: 智謀の戦国軍師 (平凡社新書)感想
著者が去年の大河「軍師官兵衛」の時代考証を手がけたとあって、読んでいるうちに去年の大河のワンシーンが次々と思い起こされた。ただし新書ということもあって官兵衛と三成の関係などもっと掘り下げて知りたいと感じたことも多々あり、これから黒田官兵衛関連の書籍をもっと読んでいきたいと思う。
読了日:5月25日 著者:小和田哲男
新装版 播磨灘物語(1) (講談社文庫)新装版 播磨灘物語(1) (講談社文庫)感想
去年の大河ドラマ「軍師官兵衛」を観たこともあり、最近刀剣乱舞にハマっていることもあってクロカン熱がこみ上げてきたので古書店で購入した一冊。去年の大河とは違って官兵衛がクリスチャンになるタイミングは早いし、荒木村重と出会うのも荒木が織田に下ってからという設定だったが、司馬遼太郎のことだから何らかの裏付けはあるのだろう。次巻は半兵衛が登場するのかな? 楽しみ。
読了日:5月20日 著者:司馬遼太郎
平城京の住宅事情: 貴族はどこに住んだのか (歴史文化ライブラリー)平城京の住宅事情: 貴族はどこに住んだのか (歴史文化ライブラリー)感想
住宅事情から浮かび上がる当時の政治情勢、国際情勢は興味深く、特に大伴氏に焦点を当てて律令国家の完成とともにウジが解体されていく様子がよく分かった。高位の貴族にしても、その邸宅は相続されるわけではなく、官衙や寺となり、その結果天皇と高位にある貴族との差が歴然としたというところが腑に落ちた。本書は考古学的な要素も取り入れたことで説得性も増し、一般書にしては大胆に古代史にメスを入れる一書となった。書店で偶然見つけた本だが、読めてよかったと思う。
読了日:5月18日 著者:近江俊秀
ふたり女房  京都鷹ヶ峰御薬園日録ふたり女房 京都鷹ヶ峰御薬園日録感想
移りゆく四季折々の景色とともに、はんなりとした京都弁で綴られる物語たち。「ふたり女房」で一気に惹きつけられました。妙味とでも云いましょうか、京都弁も相まって絶妙な味わいがあります。「粥杖打ち」は史学科出身の作家らしい、教養溢れる筆致で関心いたしました。もっとこの時代の宮中のことを知りたくなりました。現代作家の小説はあまり読まないんですが、『日輪の賦』『満つる月の如し』と読んできて、ついにファンになってしまいそうです。
読了日:5月12日 著者:澤田瞳子
エロティシズム (中公文庫)エロティシズム (中公文庫)感想
やっぱり私は澁澤が嫌いだ。教養人は好きだけれど、澁澤のそれは雑然としすぎていて理屈っぽい私には肌が合わない。それは学生時代から感じていたことだったけれど、かつてよりは幾分私も丸くなったのでそれほど抵抗なく読めた。「恋愛とはもろもろのフェティシズムの複合体である」という言葉に出会えたことを含め、自分の性向を再考する契機ともなったし勉強にもなったので収穫はあった。
読了日:5月7日 著者:澁澤龍彦

読書メーター
プロフィール

夕星桔梗

Author:夕星桔梗
元日本古代史ゼミ所属。作家志望のアマチュア物書き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
Booklog
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。