スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長崎帰省記参 丸山巡り

三日目は、今書いている小説の舞台・丸山へ。
正覚寺から隘路を入って丸山へ下っていく、というルートで歩いてきました。
丸山へ至る道は幅が狭く、細い路地が入り組んでいます。

13475_1606294192926883_1171056730564761858_n.jpg

11018117_1606294206260215_7673429808828938260_n.jpg

その入口にあるお地蔵様にまずは手を合わせました。
幼い頃、祖母とお散歩へ行く道中にお地蔵様や水神様が祀られていると、私は祖母の教えで必ず手を合わせて拝んでいたそうで、今でも街中に祀られている神仏の前を通る時は必ず手を合わせるようにしています。
説明書きによれば、このお地蔵様は「首をそむけると戻らなくなる」という云い伝えがあるようですね。
きっとそれだけ土地の人々に大事にされてきたのだろうなぁと思いました。

18503_1606294232926879_9128736510034736010_n.jpg

料亭青柳のすぐ前の階段を下るとそこは丸山本通り。
かつての風情が残っていないのが残念ですが、街は変わっていくものですからね……。
私などは長崎検番の周辺の建物も保存しておいてほしかったと思ってしまうわけですが。

11011075_1608645026025133_951300202277167988_n.jpg

肝心の検番の写真は逆光で綺麗に撮れなかったのですが、光が交差して虹が差しているようで神秘的ですよね。
記念に貼っておこうと思います。

11060304_1606294486260187_4522841621001971131_n.jpg

11041744_1606294502926852_1250674372320871411_n.jpg

先ほどかつての風情はもはや失われてしまったと書きましたが、中には昔の面影を残した家も。
こういう家々を大事にしていってほしいなぁと願うばかりです。
丸山の中では割と広い坂道を登れば、身代り梅園天満宮の鳥居が見えてきます。

11053129_1606294582926844_1926949596758807470_n.jpg

身代り梅園天満宮のいわれは、看板によりますと

元禄六年(1693)安田治右衛門が二重門にて梅野五郎左衛門に襲われました。そして自邸に担ぎ込まれましたが不思議なことにどこにも傷が無く、身代りに庭の天神様が血を流して倒れていたそうです。その後、この天神様を身代り天神と呼ぶようになりました。
また第二次大戦時、丸山町の出征を命ぜられた者は必ず参拝したそうですが、身代り天神によりすべて無事に帰還したそうです。

とあり、なかなか霊験あらたかな天神様が祀られているそうです。
去年の帰省の際にもお詣りしましたが、今回は残念ながら補修中だったようで、境内には業者の方がいらっしゃいました。

10429848_1606294569593512_3125415785088687854_n.jpg

これがいわゆる歯痛狛犬と呼ばれる狛犬でして、口に飴を咥えさせると歯痛が治るという云い伝えがあります。
よって常に飴玉がいくつも咥えさせられていて、石像に染みこんでいます。
このような狛犬は全国的にも珍しいのではないでしょうか。

11034273_1606294556260180_1675948058772536033_n.jpg

11037250_1606294542926848_5989529874633046446_n.jpg

お傍にあったお稲荷様にもお詣りしてきました。すると猫の気配が。
長崎市街はどこにいても猫に出会える、猫好きにはたまらない土地なんですが、この私も例外ではなく思わず撮ってしまいました。
神社と猫、いい組み合わせですね。
スポンサーサイト

2015年春 長崎帰省記 弐

二日目は神社巡りということで、まずは長崎のお伊勢さん、伊勢宮へ。
伊勢神宮にお詣りしたいと去年からずっと思っていたのですがなかなか叶わず、せめて天照大神が分祀された地元の伊勢宮へということでお詣りしてきました。
父の話によればその昔婚姻式の場として有名だったとのことでした。
お守りのデザインがパステルカラーでかわいらしかったのですが、今回はお見送り。



10313617_1606294152926887_6334620894113815149_n.jpg
ご老人が御朱印を書いてくださったのですが、なかなか勢いのある筆致ですね……。


11041744_1606293899593579_6038387469974826046_n.jpg

11025148_1606293936260242_6555359244714132427_n.jpg

続いてシーボルトが参勤交代の際に休憩で立ち寄ったという桜馬場天満宮へ。
鳥居からも分かるようにかなり歴史を感じさせる趣でした。ちょうど梅の時期ということで、天満宮へお詣りするにはぴったりでした。

10606537_1606293966260239_5219151833972539200_n.jpg

11037316_1606293979593571_1175574277670451701_n.jpg

1510863_1606293992926903_2498709771240141826_n.jpg

続いて中川八幡神社へ。
八幡神というと軍神のイメージが強くて、勝負事をする性分でもないし何をお祈りしたものかと思ってしまったのですが、病気平癒の御利益もあるのだとか。
今度八幡神社にお詣りする時にはそちらのお願いをしてみようと思います。
こちらの本殿は戸が開いていて奥まで拝見させていただくことができました。
中央には鏡のようなものが祀られていたので、おそらく鏡がご神体なのでしょう。

1512309_1606294172926885_3492997793718337981_n.jpg
そして御朱印をいただいたのですが……これって明らかに文字をマーカーで書いてますよね……。
ちゃんとした筆とは明らかに筆跡が違います。筆ならすべての文字が均質な筆致にはなりません。
せめて筆で書いていただきたかったです……。今まで寺社仏閣を巡ってこういうことは初めてでした。
御朱印をいただけるだけありがたいのかもしれませんが、ちょっといかがなものかと思います。


10537067_1606294056260230_4627156005269381497_n.jpg

1503592_1606294132926889_3668883218561012837_n.jpg

最後に長崎を代表する神社・諏訪神社へ。
久々に参道の長い石段を登って、息を切らしながら境内へ。
長崎に帰ってきたことをご報告して、帰省中の無事をお祈りしました。
女みくじと男みくじという変わったおみくじがあったので引いてきました。
それぞれおみくじの紙と、それに包まれた漢字一字を記したプレートが入っています。
私は末吉でしたが、プレートの漢字は「雅」でした。雅楽の「雅」、優雅の「雅」、雅文体の「雅」ですね。
素敵な字だなぁと嬉しくなりました。

2015年春 長崎帰省記 壱

今月2日から長崎に帰省しています。どうしても大好きなひなまつり前に帰省したくて。
私はどういうわけかずっと雛人形に心惹かれてきたものですから、ひなまつりは私にとって一年で一番華やいだ行事です。
そして何より長崎のひなまつりに欠かせないのが桃カステラ。これがどうしても食べたくて、私はひなまつりの一日前に帰省することにしたのでした。

11034918_1605404086349227_6876690207024382172_n.jpg

11041737_1605404099682559_2627104536691847590_n.jpg

今回買ったのは万月堂という有名店の桃カステラ。
自宅から徒歩でお店へ向かって、その急な坂道にここが長崎であることを再認識した思いでした。
東京には坂らしい坂はあまりないですしね。
帰宅後さっそく食べたんですが、今まで食べた桃カステラはなんだったのか、と云いたくなるほどおいしかったです。
スポンジはふわふわ、桃をかたどった砂糖菓子の部分もやわらかくて口どけ良し。
隣に映った小さな桃カステラは、ずいぶん前に母が気に入って買ったレプリカ。
桃カステラのかわいらしさ、華やかさはやっぱり素敵です。


11025941_1605404119682557_3558355239248348023_n.jpg

ひなまつりのごはんはちらし寿司にハマグリのお吸い物、菜の花のおひたし。
これが食べたくて帰ってきたと云っても過言ではない笑
母といっしょに国産のハマグリを一緒に探して回るのも去年に引き続き恒例行事です。

10501736_1605404136349222_7346890912918785416_n.jpg

11058415_1605404166349219_5200768104049913820_n.jpg

そしてひなまつりといえば、去年アルコア中通りで催されていたひなまつりフェアで商店街の軒先に様々な雛人形が飾られていたのですが、今年はランタンフェスティバルと重なったためか実施されていなくて残念でした。
それでも中には飾っているところもあって写真を撮ってきました。
三人官女と一緒のお雛様の女雛が私に似ていると母が云うものですから、お店の方に笑われてしまいました(´・ω・`)
お雛様好きなので女雛に似ていると云われたのは嬉しいですが、ちょっと複雑ですね。
プロフィール

夕星桔梗

Author:夕星桔梗
元日本古代史ゼミ所属。作家志望のアマチュア物書き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
Booklog
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。