スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七月大歌舞伎@歌舞伎座(千秋楽)

10458213_1531099897112980_621883357418820759_n.jpg
歌舞伎座にて七月大歌舞伎の夜の部を観に行きました。
これまで国立劇場で歌舞伎を見たことはあったんですが、歌舞伎座は今回が初めて。しかも千秋楽。

演目は以下の通り。
10544333_1531099937112976_188065954719821512_n.jpg

一、岡村柿紅作 悪太郎
二、岡本綺堂作 修善寺物語
三、泉鏡花作 天守物語

もちろんお目当ては坂東玉三郎様主演の「天守物語」だったんですが、「悪太郎」の狂言めいた面白さに、修善寺物語の主演を務めた市川中車の狂気じみた演技で終わるラストパートと、とても見所の多い演目が揃っていて大満足でした。
修善寺物語は岡本綺堂が書いただけあって、人間の業と無常、そして天才的面作師の表現者としての狂気の境地を絶妙に描いていて(岡本綺堂自体はそんなに好きではないんですが)見事でした。
正直なところ歌舞伎で香川照之さんの演技を見るのは楽しみでもあり、不安でもありましたが、配役が上手く当たっていて、歌舞伎でもこんな演技ができるんだなぁと感心しました。

そして天守物語。


10552453_1531100000446303_6148771947738520664_n.jpg

玉三郎様監修・主演の映画は観たことがあって、大好きな鏡花の世界がありありと体現されていていたく感動したものですが、今回の舞台は何と云っても臨場感がある分、目の前に理想郷が広がっていてくらくらしました。
玉三郎様にお目にかかるのは、一昨年の「日本橋」と昨年の「アマテラス」に続いて三度目でしたが、拝見する度に美しくなっている気がしてしまいます。きっと実際そうなのでしょうね。
女形の役者さんが侍女として侍る中、一人だけ神々しいオーラを放っていらっしゃいました。

そして玉三郎様のお相手役は海老蔵さんだったんですが、とにかく声が澄んでいて美しい。顔かたちは云うまでもなく申し分ない。これが市川海老蔵かと、ドキドキしました。
互いに惹かれ合うお二人の姿は絵のように綺麗で、いつまでも眺めていたかったです。

最大の見せ場に差しかかり「千歳百歳に唯一度、たった一度の恋だのに」という玉三郎様の台詞に、彼の鏡花に対する敬愛と富姫という役柄に対する深い思い入れがこめられていて、涙せずにはいられませんでした。
この世で最も気高く美しい生き物を目撃してしまったような感覚に囚われました。

10389685_1531100023779634_2476871868759149546_n.jpg


長くなってしまいましたが、とにもかくにも思い出深い歌舞伎鑑賞になりました。
千秋楽だけあって、「天守物語」のあとにカーテンコールが三回もあり、玉三郎様と海老蔵さんが手を取り合った姿を何度も見られて幸せでした。
また玉三郎様の演技をこの目で見られる機会が来ることを楽しみにしています◎
スポンサーサイト

2014年7月~9月までの気になる展示

「祈りの造形展」@五島美術館
2014年6月28日[土]―8月3日[日]
http://www.gotoh-museum.or.jp/exhibition/open.html

奈良・平安時代の「古写経」、鎌倉・室町時代の「高僧の筆跡」「古版本」「古写本」など、仏教関連の名品約60点を展示。
------------------------------------------------------------------------------------------
個人的に気になるのは「長屋王願経」と南宋時代の墨跡、それから一休さんを初めとする室町時代の水墨画。
長屋王といえば「長屋王の変」の主人公。彼を讒言によって陥れ、自死に至らしめた藤原四兄弟は後に天然痘で相次いで亡くなったため、長屋王の祟りではないかと噂されました。この時代の政変によって死に追いやられ、後に怨霊として畏れられた人びとに関心があるので、ぜひ今回の展示は観ておきたいところ。

そして鏡好きには嬉しいことに、五島美術館では鏡の展示があるんですよね。今回は南北朝時代に創られた重要文化財の「画紋帯仏獣鏡」、古墳時代に創られた重要美術品「七鈴仏獣鏡」、そして唐代に創られた重要文化財「迦陵頻伽紋葵花形鏡」が観られるとのことで楽しみ。



「能を読む―細川家が一族で楽しんだある日の能」@永青文庫美術館
前期: 7/5(土)~8/31(日)
後期: 9/2(火)~9/28(日)
http://www.eiseibunko.com/exhibition.html
今展覧会では、細川家歴代当主直筆の謡本や番組などをもとに、そこに記される演目に合わせて能面、能装束、道具類、楽器を中心に展示します。  
細川家は、古くから能に深く関わり、代々重きを置いて当主自らも嗜み、発展に寄与してきました。特に、文武両道に秀でた初代藤孝(幽斎)は7世観世元忠について稽古し、8世観世元尚に師事し、謡、仕舞、囃子に通じ、中でも太鼓は名手と呼ばれる程の腕前でした。以来、2代忠興(三斎)から昭和に至るまで、歴代当主は能を愛好してきました。一方、初代熊本藩主の細川家3代忠利の頃からは、金春流、喜多流の能楽師たちを庇護しました。  
各時代に愛用された多くの能面、能装束、能関係資料等は、いまも永青文庫に残ります。深い精神性をたたえた面や豪華な能装束などの魅力を、演目にそってご覧いただきます。(公式HPより)



「能面と能装束―みる・しる・くらべる―」@三井記念美術館
2014年7/24(木)~9/21(日)
http://www.mitsui-museum.jp/
三井記念美術館では、主に夏の恒例企画として「美術の遊びとこころ」シリーズを開催しております。今回はその第7回目として『能面と能装束―みる・しる・くらべる―』を開催いたします。日本の伝統芸能である能ですが、 多くの日本人にとっては、一見難解なものと思われる傾向にあります。そこで、今回の展覧会では、当館所蔵の能面と能装束を、かたちや文様など多彩な角度から捉えることによって、日本の美意識が集約した能の世界をより分かりやすく紹介いたします。

さらに展示室7では、特別展示として『三越伊勢丹所蔵 歌舞伎衣裳「名優たちの名舞台」』を開催いたします。人気歌舞伎役者が実際に身に付けた、絢爛豪華な由緒衣裳や役者の舞台写真パネルなどをご覧いただきます。(公式HPより)
------------------------------------------------------------------------------------------
ここのところ大宮薪能や観世能楽堂での観能が相次ぎ、ますますお能の魅力に取り憑かれています。
実際にお能を観ると、やはり能面も能装束も舞台にあってこそ本来の輝きを発するのだなあと思うのですが、こうして間近で観られる機会があるというのはやはり嬉しいもの。
三井記念美術館では毎年のように能面・能装束の展示があるようなので、去年に引き続き今年も観てみたいです。



「中国・四国地方の荒神信仰-いざなぎ流・比婆荒神神楽-」@歴史民俗博物館
2014年7月23日(水)~2015年1月12日(月・祝)
http://www.rekihaku.ac.jp/exhibitions/special/index.html#room4
「いざなぎ流」は、マンガや映画・TVでもブームになった「陰陽師」の末裔として注目されたりもしていますが、神に祈り捧げるための神楽を行う一方、病人治癒の祈禱などの呪術を行ってきました。そうした祭りや祈禱では、生活や山・川など生業の場のあちこちに存在すると信仰されてきた「荒神」などがおそれられ、家や村の平安を祈る祭祀では、その終結で荒神を鎮めるための作法が、現在でも行われています。

また、「比婆荒神神楽」では、村の鎮守の神とは別に、外の祠に祀られる「荒神」への祭祀がていねいに行われ、33年に一度行われる「大神楽」では、神話に基づく芝居も演じられ、人々は現在でも楽しみにしています。

本展示においては、荒神信仰や仏教・五行思想の濃厚な祈禱の歴史と実態を伝える文献とともに、祭りや祈禱の場で使われる仮面や、比婆荒神神楽において、舞台であばれまわる「ヤマタノオロチ」など、民俗造形の世界の一端を紹介します!(公式HPより)
---------------------------------------------------------------------------------------
実は陰陽道とは云っても、古代以来のものを引き継いでいるわけではなく、近世になって民間に派生した陰陽道の流れを継いでいるのではないかと上智大学日本古代史教授の北條勝貴先生はおっしゃてました。
大学の日本近世史の授業で受けた講義によれば、近世における陰陽道は、かつて律令制の中にあった陰陽寮の官僚、つまり一国家公務員として組み込まれていた陰陽師が零落した姿なのだそうで、近世になると社会的地位は低下し、民間で占い・予祝に従事して賤民と混同されてしまったのだとか。
そのことを知った時の衝撃は結構大きかったです。



「春日権現験記絵模本Ⅰ―美しき春日野の風景―」@東京国立博物館 本館 特別2室
2014年7月23日(水) ~ 2014年8月31日(日)
http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1676
奈良県奈良市に鎮座する春日大社は、創建以来多くの人びとの信仰を集めてきました。この春日大社に祀られる神々の利益と霊験を描くのが春日権現験記絵(三の丸尚蔵館所蔵)です。全20巻から成るこの絵巻は、鎌倉時代の後期、高階隆兼(たかしなのたかかね)という宮廷絵所(きゅうていえどころ)の絵師が描いたもので、多くの絵巻作品の中でも最高峰の一つに数えられています。

江戸時代後期には、紀州(和歌山)藩第10代藩主徳川治宝(とくがわはるとみ、1771~1852)の命によってこの春日権現験記絵の模本が制作されました。浮田一蕙(うきたいっけい、1795~1859)、冷泉為恭(れいぜいためちか、1823~64)、岩瀬広隆(いわせひろたか、1808~77)といった名だたる復古やまと絵師たちによって写された模本には、彼らの画技がいかんなく発揮されています。

この特集は、春日権現験記絵模本の魅力とともに、春日信仰の諸相を様々な角度からご紹介する試みの第1回目で、今回は「美しき春日野の風景」をテーマとしました。春日信仰においては、神々がまします春日野の景観そのものも信仰の対象とされ、多くの絵画作品に描かれてきました。今も清澄で美しい自然にあふれる聖地・春日野の景観を、春日権現験記絵模本や春日宮曼荼羅(かすがみやまんだら)、春日鹿曼荼羅(かすがしかまんだら)などからご紹介します。
---------------------------------------------------------------------------------------
春日宮曼荼羅といえば2011年に根津美術館で催された「春日の風景 麗しき聖地のイメージ」が思い起こされます。
思えば私が日本美術に関心を持ったのは、あの展示がきっかけだったので、今回また春日宮曼荼羅が観られると思うと楽しみです。



「涼風献上 絵とやきもので暑中お見舞い」@根津美術館
2014年7月26日(土)~9月7日(日)
http://www.nezu-muse.or.jp/jp/exhibition/next.html
「涼風献上」とは、夏の盛りの便りに使われてきた言葉です。
美術作品の中には、「涼」を連想させる表現があります。絵画では、翻る衣やなびく樹木に画中に吹く風の強さや風向きを感じ、また瀧を眺める人物に自らを重ねることで、清涼な情景に心を遊ばせることもできます。工芸作品では、染付の青に代表される色彩による「涼」の演出が行われ、さらに形からも涼しさを想像させる、機知に富んだ作品が見られます。
約30点の絵とやきものを展観する、根津美術館からの暑中お見舞いを、どうぞお楽しみください。(公式HPより)
-------------------------------------------------------------------------------------
今回注目したのは芸阿弥筆「観瀑図」。去年の「清雅なる情景 日本中世の水墨画」展でいたく感動し、涙したのを覚えています。再びお目にかかれるとは楽しみです。



「仏教美術逍遙」@神奈川県立金沢文庫
平成26年8月21日(木)~9月28日(日)
https://www.planet.pref.kanagawa.jp/city/bunko/tenjiyokoku.html
鎌倉時代の豊かな仏教文化を今に伝える金沢、六浦。称名寺をはじめ、龍華寺、薬王寺などの古刹は仏教美術の宝庫です。 本展では、海岸尼寺の旧本尊であった十一面観音立像(称名寺・重要文化財)や、修理後初の公開となる聖徳太子立像など金沢ゆかりの仏教美術のほか、 近年、三浦氏の本拠地に位置する大善寺(横須賀市)で新たに発見された平泉様式の天王立像など、約50点を一堂にご紹介します。この機会に珠玉の仏教美術をご堪能ください。 (公式HPより)
------------------------------------------------------------------------------------------
昨年から恋い焦がれ続けてなかなか足を伸ばせずにいる神奈川県立金沢文庫。
なかなかツボに来る展示をしてくれる美術館なので、今年は行けるといいのですが……。

葉加瀬太郎×梅若玄祥 神に選ばれし表現者たち ~世界遺産で奇跡の競演~

【番組概要】(番組公式サイトより)
名ヴァイオリニスト・葉加瀬太郎。そして、信長や秀吉に仕えた能の名門
「梅若家」当主・梅若玄祥。相容れないかの関係に思える2人の天才アーティストが、 世界遺産の京都・上賀茂神社で、一夜限りの競演を果たす。
観世流能楽師シテ方で、織田信長や豊臣秀吉に仕えた能の名門「梅若家」当主、そして、現在人気・実力ともに第一人者として知られ、数多くの賞も受賞している梅若玄祥は、新作能の上演、海外公演などにも積極的に携わる。能楽界のみならず国内外のさまざまな分野の芸術家たちに、「幸運にも、今われわれが目にすることができる人類の宝」の一人として崇拝されている。
一方、自身初となるワールドツアー「TARO HAKASE World Tour 2013-JAPONISM-(ジャポニズム)」(全44公演)では、韓国・イギリス・ドイツ・アメリカの4カ国でいずれも称賛され成功を収めた、言わずと知れた日本を代表するヴァイオリニスト・葉加瀬太郎。
ヴァイオリニストと能楽師、とても相容れないかの関係に思える2人の天才アーティストが、今年5月24日、京都にある世界文化遺産「上賀茂神社」で、一夜限りの競演を果たした。
葉加瀬は、能とのコラボレーションのために、半年かけて5曲からなる組曲を書き下ろした。その世界初演。梅若は、室町時代から伝わる家宝の能面と能装束で、葉加瀬の思いに応え、全身全霊で舞う。
番組では西洋の「音楽」と東洋の「舞」、“2つの美”を融合させるために模索し、葛藤する2人の本番までの日々に密着。「能を感じ、日本人としての誇りを得たい」と語る葉加瀬、「このままでは、日本の伝統芸能『能』は消滅するかもしれない」と語る梅若、それぞれの競演に懸ける思いに迫る。

2人の天才アーティストは世界遺産「上賀茂神社」の舞台で、果たしてどんな“融合の美”を生み出すことができたのだろうか?
-----------------------------------------------------------------------------------------

まず、葉加瀬太郎さんの姿勢に疑問を持った。
梅若玄祥さんからオファーを受けた後、能について勉強することもなく、スタジオで玄祥さんの謡(後述の現代詩)を聴いて初めて「能の真髄を見た」とか能楽師さんに「日本的なものを感じる」とか薄っぺらいことを云うし。
公演では高宮エリーさんという脚本家の書いた現代語の詩を元に、玄祥さんが舞って葉加瀬太郎さんが演奏した。
その現代詩があまりに陳腐で謡の節回しを活かせてなかったし、六人の女子大生をバックで踊らせるなど、玄祥さんの舞を活かせてなくて、残念だった。
女子大生のダンスが「動」を、玄祥さんの舞が「静」を表現したというが、能というものは「静」の中にある「動」を表現するものだと私は思う。ダンスが組み合わされることで、舞そのものの静謐な緊張感をかき消してしまっているように感じた。
そして謡は古語に合わせて作られたものだから、現代語にしてしまうとその魅力が激減してしまう。謡の節回しに不適切な表現が目立って美しさのかけらもなかった。「私はどこから来てどこ行くのか」など、おおよそプロの仕事をする人間が考えるとは思えないような詩に悪寒すら覚えた。
そして番組自体も「日本の伝統」とか「日本人で良かった」とか、「根っこが同じ日本人同士だから葉加瀬太郎さんと玄祥さんはつながれたんだ」とか、「伝統」や「民族性」というものの胡散臭さに辟易している私にとっては気持ちの悪い締めくくり方をしているのも残念だった。
日本人だから何も学ばなくても日本の伝統芸能を理解できるというのは愚かな幻想に過ぎない。
外国人であってもドナルド・キーン氏のように日本の伝統芸能に深い造詣を持っておられる方もいれば、自国の伝統芸能に全く関心の無い日本人だっている。
一度観能に足を運んだだけですべてを分かったような気になるのは誤りだし、それこそ伝統芸能を軽んじているというものだろう。何度も味わえば味わうほどに奥深い世界を知ることができる。それが伝統芸能の魅力なのではないか。
そして今回考えさせられたのは、なぜ私が日本の伝統芸能が好きか、という問題だった。単に伝統があるだけであれば、ここまで深い感動を覚えなかっただろう。伝統芸能である前に「古典芸能」であること。つまり古典を題材に、古語で演じられること。それが私を虜にする要因なのだと思う。

もののけ姫

もののけ姫 [DVD]もののけ姫 [DVD]
(2014/07/16)
ウォルト ディズニー スタジオ ホームエンターテイメント

商品詳細を見る
もののけ姫を初めて見たのは劇場公開時のこと。当時小学一年生だった私は、あまりの迫力に圧倒され、トラウマに限りなく近い衝撃を受けた。
それ以来、テレビでもののけ姫の放映がある度に心を鷲づかみにされ、放映後数日は放心状態になる有様だった。
思えば思想信条の面でこの映画に大きな影響を受けてきた気がする。私の中にあるアニミズム信仰の原点はこの映画にあると云ってもいい。
その後、萩原規子『空色勾玉』『白鳥異伝』『薄紅天女』の勾玉シリーズ、たつみや章の『月神の統べる森で』に始まる月神シリーズを読み、私は完全に神話世界に引き込まれてしまった。

海や山に囲まれた田舎で育ち、春には野イチゴ摘み、秋には栗拾いと自然の恵みを受けながら育ってきたというのも大きい。
海では祖父の採った生ウニを食べ、田では稲刈りの手伝いの途中に畑ねずみやカエルと戯れたものだ。
それから山に住まい畑を荒らすイノシシの恐ろしさ、満潮になった海に取り残されそうになった時の、人知の及ばぬ巨大な自然にただただ命を投げ出すしかない恐ろしさを身に沁みて味わったことも、私がアニミズム信仰へ導かれた要因だろう。

自然の中に生きて初めて分かることがあったのだ。それは今、都会に生きている私の礎石となっているけども、どこか遠く現実離れしたものとなってしまった。自然神を信じてはいても、その存在を肌で感じることは以前ほどないように思う。
都会にあっては、月神、ただそれだけが私の心の奥深くに住まい、私に畏怖の念を抱かせる存在となっている。
昔はもっと多くの神々と触れあっていたのに。

そうして日々を過ごすうちに、私は次第に蛇神に心惹かれるようになり、卒業論文のテーマとして日本書紀崇神天皇段蛇神の大物主神が登場する日本書紀崇神天皇段を選んだけれども、今回もののけ姫を観て、実は私が大物主神を卒業論文の対象に選択したのは、彼が三輪山という山を統べる神であり、そして祟り神でもあるからなのではないかと思い至った。
単に蛇神というなら他にも常陸国風土記に見える夜刀神や、記紀神話の垂仁天皇段に見える肥長比売、肥前国風土記の狭手彦など枚挙に暇がない。
それでも大物主神を選んだのには、神婚伝承というファクターが大きかったのだが、山林の神かつ祟り神という大物主神の属性は、もののけ姫の神々に重なる。無意識というのは不思議なものだ。

私は研究の道に進むことを諦めざるをえなかったけれども、卒業論文に自らの心を賭して向き合いたい。
結局映画の感想というよりは自己披瀝に近い形となってしまったが、今後卒業論文を書く上で心が折れそうになったら、この記事のことを思い出そう。

谷崎潤一郎『吉野葛・盲目物語』

吉野葛・盲目物語 (新潮文庫)吉野葛・盲目物語 (新潮文庫)
(1951/08/14)
谷崎 潤一郎

商品詳細を見る


「盲目物語」
盲人の語りという体裁で描かれる戦国絵巻は悲しく美しく無常を物語る。
ねんごろな文体は心の奥まで染みとおるようで、久々に物語を読む悦びを感じられた。谷崎の文体ってこんなに美しかったんだと驚き。
物語としても、元々お市の方には心惹かれるものがあったので、すっかり引き込まれてしまったし、主人公の弥市と谷崎オリジナルの登場人物・朝露幹とがお市を救おうと三味線を使って暗号をやりとりする場面は情趣に溢れて見事だった。
谷崎はこの場面が書きたかったんだろうなぁ。やっぱりこういう芸術の域にまで高められた小説が好きだ。

「吉野葛」
吉野というと和歌に詠まれたゆかしき地のイメージがあったけれど、この吉野葛はまた違った魅力を教えてくれたように思う。南朝の面影や古典芸能や和歌の響きが重なり合い、響き合って美しい織物のような作品に仕上がっている。
義経千本桜の初音の鼓のイメージから津村の亡き母への思慕が導き出され、稲荷を信仰していた津村の母の家へと繋がっていく構成には芸が光る。
亡き母を想う子というと源氏物語を想起させるけども、未読である谷崎の「亡き母を恋うる記」も気になってしまう。

これまで読んだ「痴人の愛」「刺青」「秘密」「猫と庄造と二人のおんな」「春琴抄」からはエゴイスティックなマゾヒストだなぁという印象を受けたけども、『吉野葛・盲目物語』を読んで、改めて谷崎という作家の確かな技量を感じることができた。
日本の歴史や古典文学・古典芸能に根ざした彼の作品をもっと読んでみたいと思う。
プロフィール

夕星桔梗

Author:夕星桔梗
元日本古代史ゼミ所属。作家志望のアマチュア物書き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
Booklog
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。