スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【紀行】2015.07.28~07.30 近江旅行 参



11822289_1660466530842982_3659913826965095905_n.jpg

11822854_1660466564176312_4106516251664112248_n.jpg

3日目は近江八景のひとつ、堅田は浮御堂へ。
さすがに名所とあってか浮御堂から観る琵琶湖の風景は格別なものがありました。
海鳥がかわいらしく鳴いていたのが印象に残っています。

阿弥陀如来をお祀りした本堂にお詣りしていると、「隣にいる者に感謝し、大事にせよ」と聞こえました。今回の旅の旅程はすべて彼氏がプランを練ってくれたので、任せきりになってしまって申し訳なかったのですが、仏様にはそれがお見通しだったのですね……。
日頃彼氏のことは大事にしているつもりでしたが、今回の旅ではおんぶにだっこ状態だったのでハッとさせられました。
29日の白鬚神社でのお言葉といい、近江の神仏はなんというか……鋭いですね。霊威が高いというのが正しいのかもしれません。

20112_1660468067509495_7002552896355073533_n.jpg

浮御堂の御朱印。

それからしばらく堅田周辺の寺社を訪ねて回りました。
外観だけでも撮っておけば良かったのですが、堅田の歴史資料館では堅田の歴史を知ることができたので、寺社巡りをする前に訪ねておいて正解だったと思います。
中はこぢんまりとしていたものの、堅田の歴史が書かれたパネルが展示してあったり、二階に上がると涼の道具や日用品とおぼしき道具が並べられていました。観ている間、資料館のひとがずいぶんと熱心に堅田の歴史を教えてくださいました。
地元の人々がこの堅田という土地に愛着を持って暮らしているのが伝わってくるようでした。

11147042_1660466577509644_3442166023265472365_n.jpg

こちらは伊豆神社。その歴史は古く、平安時代に遡ります。

当社の草創は寛平四年(西暦八九二年)と伝えられています。
 宇多天皇の寛平年中諸国行脚の法性坊尊意僧正により、三嶋明神の分霊を此の地に勧請したものであります。
 又村上天皇天暦三年五月(西暦九四七年)山城加茂大神を勧請し、神田大明神伊豆大権現の二神を祀り、堅田大宮と奉称され堅田全域の総鎮守として、崇敬されて来ました。
 さらに当社を中心に室町時代より宮座(今の自治組織)があり、殿原衆と全人聚の会議制で運営されたことが、歴史上明らかであります。
 主祭神は大山祇の命で御神徳は農林、鉱業、海運、漁業、酒造等多方面に亘り、海運の神と崇められています。当神社の奥に伊豆の霊石幸福を呼ぶ石があります。(伊豆神社の由緒板より)


彼氏はこの神社が合議の場となっていたことにいたく感心して「生きた神社だったんだね」と評していました。
中世のことは専門外なので疎いのですが、当時は宗教施設というものはみなが集い合議をする場としてふさわしかったのでしょうね。

11828680_1660466587509643_4590135112454209118_n.jpg

こちらがその幸運を呼ぶ石。彼氏ともども触ってきました。何かいいことがあるといいですね◎


11800447_1660466614176307_8394958829717423604_n.jpg

11811412_1660466624176306_7640641254192413565_n.jpg

11813311_1660466647509637_9093487842706488865_n.jpg

11800055_1660466637509638_6502743865159603337_n.jpg

この日は朝早く出発したこともあり、時間に余裕があったので彼氏の提案で日吉神社へ。
社殿は国宝やら重要文化財のオンパレードでした。
一時は比叡山の延暦寺とともに織田信長によって焼き討ちに遭い、再建されたようです。
猿を神の使いとして崇めていることもあって、豊臣秀吉にもゆかりの深い神社なんだとか。
そしてなにより西本宮のご祭神・オホナムチは天智天皇7年(668)大津京遷都にあたって、奈良の大神神社から分祀されたそうで、私も日頃瞑想のたびに大神神社の大物主神から「また来なさい」と呼ばれている身としては緊張したのですが、「三輪山の大物主神より言づてを預かっている……」と聞こえたきりでした。あとは何を云われたのか覚えていなくて……。
肝心なところを忘れてしまったなとちょっと後悔しています。

11800206_1660468097509492_4783764300216368497_n.jpg

11141329_1660468087509493_6661560960870606772_n.jpg

日吉神社の御朱印(東本宮と西本宮の二種類)


11707815_1660466657509636_3710668313161497735_n.jpg

続いて電車に揺られて三井寺へ。写真は近江八景のひとつ、三井の晩鐘です。

11058132_1660466677509634_1958977140750930336_n.jpg

三井寺の金堂。この中に入ると仏像がたくさん安置されていました。

11825851_1660466687509633_8638427236396063821_n.jpg

徳川家康より寄進された三重塔。パンフレットによると、もとは奈良県・比蘇寺の塔で、室町初期の建築だそうです。

11264807_1660466720842963_6714093719862980319_n.jpg

三井寺はとにかく敷地面積が広くて、回るのも一苦労でしたが、本堂に安置されている仏像を直接観ることができて、仏像好きな私としてはたまらないお寺でした。
中には平安時代の作の仏像もいくつかあって、思わず澤田瞳子さんの『満つる月の如し』を思い出してしまったり……。

11825851_1660466710842964_1100482564532166453_n.jpg

三井寺は井浦新さんも深く関わりのあるお寺みたいで、井浦さんの撮った三井寺の仏像のポストカードや井浦さんが監修したお香が売られていました。井浦さんは大河ドラマ・平清盛で私の好きな藤原頼長を演じていらっしゃったこともあり、また日曜美術館にご出演なさっていることもあり、好きな俳優さんでもあります。
写真は井浦さんのサインです。
お香好きとしてはよっぽどお香を買おうか迷ったのですが、この時はあいにくと金欠だったので見送りました。
三井寺を後にしてからやっぱり買えば良かったと後悔しました……。

11258211_1660468077509494_2213746419801959665_n.jpg

三井寺の釈迦堂の御朱印。三井寺にはたくさんの堂が建っているのでそれぞれ違う御朱印があったのですが、すべてを集める金銭的な余裕がなかったのでこれだけいただいてきました。

その後石山寺に行く予定だったんですが、残念ながら私の体力が保たず、今回訪ねることはできませんでした。
その代わりに大津へ行って家族と親友へのお土産を買い、京都駅へ。


11828835_1660466740842961_320698637569846204_n.jpg

井浦さん監修のお香が買えなかったのが悔しくて、京都駅で自分用のお土産に桃のお香を買いました。
昨日さっそく焚いてみたのですが、なかなかいい香りがして気に入りました。
今回の旅のお土産は御朱印とお香、というなかなか渋いセレクトになりました。まあ去年の奈良・京都旅行でも似たようなものだったんですが。

11796293_1661042407452061_1715335609172820061_n.jpg

そして一昨日ネットで検索してみると、三井寺のお香も通信販売されていることが分かったので、ついふたつとも注文してしまいました。
これを買うためだけにまた三井寺へ行かねばならないかな……と思っていたので本当に良かったです。
そして今朝、お香が届きました。まだ焚いていませんが、箱から漂ってくる薫香に胸がときめきました。
リラックスタイムに焚いてみようと思います。
スポンサーサイト

【紀行】2015.07.28~07.30 近江旅行 弐

11049649_1660465767509725_6062033428822184481_n.jpg

二日目は近江八幡のホテルから長浜へ移動して船で念願の竹生島へ。
彼氏共々訪ねてみたかったところなので、無事に宝厳寺に参拝できてよかったです。
お詣りしていると「これでご縁ができましたね」と弁天様からお言葉が。実は私は中学生の頃に宮島に行ったことがあり、江ノ島にも行ったことがあるので、これで日本三大弁財天にお詣りしたことになるのです。
弁天様とご縁ができただけでも嬉しかったです。

11822284_1660465827509719_6022308802208800225_n.jpg

弁天様といえば白蛇ですよね。蛇に関する勉学がはかどるようにとお願いしてきました。
(本来なら金運アップを祈願するのが正しいのでしょうが……)

11825702_1660465844176384_6466251822185667464_n.jpg

続いて都久夫須麻神社へ。残念ながら舟廊下は工事中だったので渡れませんでした。

11813375_1660465854176383_226154700079061189_n.jpg

ここに素焼きの皿に願い事を書いて投げ入れると願い事が叶うんだとか。私たちはしませんでしたが、見晴らしが良かったです。
最後に宝物殿へ行ってきました。
弁財天にまつわる絵画や仏像が主で、中には竹生島に奉納された大太刀もありましたが、残念ながら刀身を見ることはできませんでした。

11701171_1660465867509715_2629415775233226661_n.jpg

帰りの船から撮った竹生島の一部。
島の全景を写真に収めればよかったなぁとちょっと後悔しています。

10432120_1660465880843047_3347382478497434618_n.jpg

宝厳寺の弁天様の御朱印。

11705095_1660465914176377_7920460609105182450_n.jpg

長浜に帰ってきて、ひとまず駅前にある石田三成と豊臣秀吉の銅像をパシャリ。
石田町にも行きたかったのですが、当日は平日で石田会館がすでに閉館していたこともあり、泣く泣く諦めました。
次に滋賀に来る時は必ずや石田町に行ってみたいです。一番好きな武将が石田三成なので……。

11229286_1660465670843068_5963027352060463526_n.jpg

11800026_1660465680843067_3178768537118622153_n.jpg

こちらは実は前日に撮ったいしだみつにゃん&しまさこにゃん号。
せっかく滋賀に行ったものの、私が石田三成ゆかりのものに触れあえたのはこれだけでした(>_<)

11037184_1660466040843031_1199114953429315239_n.jpg

11796460_1660466020843033_1800698049254045028_n.jpg

続いてタクシーで白鬚神社へ。絶景スポットだと聞いたので行ってみようということになったのですが、厳島神社を思わせてとても良かったです。
神社にお詣りしていると「健やかに生きよ」と聞こえました。ご祭神が延命長寿を司る猿田彦命とあってか、まったく彼にふさわしいお言葉でした。
滋賀の神仏は今回私が初めて来訪することもあってか、京都のように「よく来た」とは終始云われなかったのですが、なにやら忠言めいたお言葉をたくさんいただきました。
健やかに生きる……私は病気持ちなので心身共に健康に、というわけにはいきませんが、せめて心を清らかに保ちたいものですね。

11060027_1660465970843038_5956849214338285645_n.jpg

紫式部の歌碑。
「三尾の海に網引く民のひまもなく立ち居につけて都恋しも」
という歌だそうです。

11230647_1660466014176367_5251910218668092641_n.jpg

こちらは松尾芭蕉の句。
残念ながらこちらには解説がなく、くずし字がなんとか読める彼氏をもってしても判読不能でした。
ネットで調べてみると「四方より 花吹入れて 鳰の湖」と書かれているそうです。

11781624_1660466370842998_5488395050991381903_n.jpg

白鬚神社の御朱印。

11800567_1660466467509655_1035658252818652174_n.jpg

この日の宿は湖のほとりにある宿で、ベランダからは琵琶湖を見ることができました。
散歩に行こうと彼氏に誘われて湖の水際を歩いたのですが、妙に紫式部の歌が思い出されて東京が恋しくなってしまい、ちょっと情緒不安定になってしまいました。
彼氏には迷惑をかけてしまいましたが、夜になって状態が安定してくると彼氏とベランダへ出て、浜辺の松の上に月が出ていたので写真を撮り、部屋に戻って歌会になりました。
私が詠んだのは「雲間より出づる月影まつきみの顔も覚えず都恋しき」
「まつ」に松と待つを掛けています。これだと都に残してきた恋人を詠んだ歌みたいですね。
彼氏は「望月を見上げる松か海暗し」と俳句を詠んでいました。
なんでも彼は詠むなら和歌より俳句がいいそうです。

【紀行】2015.07.28~07.30 近江旅行

彼氏と07.28~07.30の三日間、近江旅行へ行ってきました。
まずは彼氏たってのご希望で永源寺へ。
かなり山深いところにあるというお寺だけあって、交通の便も悪かったのですが、こうした山川の景色というのは心落ち着きますね。
辺りにはひぐらしがたくさん鳴いていて、ひぐらし好きな私としてはたまりませんでした。

11811450_1660465497509752_1458508405813158913_n.jpg

11694842_1660465537509748_2643303424107958493_n.jpg

11705287_1660465550843080_7267165252772777157_n.jpg

11800350_1660465647509737_8383453721587993263_n.jpg

長い階段を上っていく途中、急な斜面にはだるまさんが彫ってありました。こうも数があるとなかなか不気味ですね(>_<)

11705165_1660465660843069_42663334626813224_n.jpg

11221408_1660465514176417_5519128367714297446_n.jpg

階段を上りきったところで拝観時間を過ぎていたことを知り、私以上に永源寺に行きたがっていた彼氏が気の毒でしたが、麓の露店にいらっしゃった地元の方々と語らうことができました。そういう意味では良かったのかなと思いますが、今回は彼氏共々悔しい思いをした旅でした。(私は二日目に悔しい思いをすることになります)
そういえば去年行った奈良でも地元の方と触れあったよね、と話ながら帰りのバスを待ち、宿へ帰ったのでした……。

【紀行】2015.07.17~07.19 家族で京都旅行 弐

3日目は金閣寺→竜安寺→仁和寺→建勲神社へ。

11705162_1658105927745709_8846749816056655999_n.jpg

11755803_1658109171078718_4790050364685938511_n.jpg

まずは金閣寺へ。
こちらも訪ねるのは二回目だったのですが、やはり凜とした佇まいが美しいですね。
ぱっと目を引く美しさという点ではやはり金閣寺に勝るものはないでしょう。
金閣寺に来る度に三島由紀夫の『金閣寺』を思い出してしまいますが……。
御朱印もいただくのは二度目でしたが、こちらのブログには載せていなかったので載せておきます。

11755795_1658106484412320_111533483882951781_n.jpg


10155375_1658106507745651_5106814020761239173_n.jpg

11755737_1658106504412318_8729241693182484415_n.jpg

10407752_1658109307745371_1490796135475472583_n.jpg

続いて竜安寺へ。こちらの石庭も去年訪ねたのですが、その際に15個の石が並んでいると聞いたのですが、この目で確かめることはできませんでした。
何度数えても15個にならないのです。ネットで検索してみると、

東洋の世界では「15」という数字は完全を表す数字。どの角度から眺めても必ず1個の石は隠れて見えないように作られている庭はつまり「不完全」な庭ということになります。

そこには、自分自身を見つめて、常に足りないものを見つめ、今の自分に常に感謝する心を忘れてはならないという思いが込められているのです。(京都・龍安寺の見どころまとめ!石庭を見に行く前に知っておきたい事、総まとめより)

ということでした。
去年彼氏と行った際には禅宗に詳しい彼氏から石庭のあれこれを聞いたのですが、石庭というのは宇宙を表しているのだとか。
そこに並ぶ石は島や山を表しているそうです。
このお寺に来て石庭を眺めているととほっと心が落ち着きます。個人的にとても好きなお寺のひとつです。


11233336_1658106707745631_3059842383022157299_n.jpg

11700927_1658107164412252_2944076946530307972_n.jpg

11223483_1658106927745609_4676120884477421930_n.jpg

11760262_1658106881078947_7910548053260683722_n.jpg

11014821_1658109304412038_6164426399787501672_n.jpg

続いて仁和寺へ。
ここも去年訪ねたお寺だったのですが、去年巡ったお寺の中で一番印象に残ったお寺でした。
石庭もさることながら、襖絵の見事さといったら京都のお寺の中でも抜きんでているのではないでしょうか。
数の関係でここには撮った写真の一部しか載せていませんが、何度見ても襖絵に描かれた水墨画の見事さに嘆息せずにはいられません。
実は仁和寺でも「また来なさい」と云われていたので、今回再訪が叶って良かったです。「よく来た」という声が聞こえて嬉しかったです。
御朱印は阿弥陀如来。随分と荒々しい筆致ですね。インパクトがあってとても良いです。

10982040_1658107514412217_3551406867263605133_n.jpg

11755782_1658107577745544_1438851033221469858_n.jpg

11745933_1658110637745238_7183769549967281120_n.jpg

11760106_1658109354412033_8725110019601672290_n.jpg

11224620_1658109357745366_5408121957597621897_n.jpg

最後に今回どうしても訪ねたかった建勲神社です。ご存じの通り織田信長を祀っている神社で、社には宗三左文字が収められています。グーグルマップを頼りになんとか辿り着いたと思ったら、私と同じく審神者とおぼしき若い女性たちがちらほらといらっしゃいました。
参拝をしていると「よく来た」と声が聞こえて、私は往時の信長に思いを馳せつつ「どうぞ安らかに鎮まって下さい」と祈ったのですが、社殿の写真を撮ろうとしたところ、なぜかその時に限って撮った写真がいっぱいで写真が撮れない状態になってしまいました。
「なんでこんな肝心な時に限って……」と思いながら、それでも撮ったビデオを削除するなどしてなんとか撮ってきました。
そして欲しかった御朱印帳を手にすることができ、御朱印も無事にいただけました。
そこまでは良かったんですが……東京の自宅に帰ってからiPhoneが故障し、冷蔵庫も一時的に動かなくなってしまいました。(のちに冷蔵庫は復旧しました)
やはり織田信長の怨念は400年経っても未だ治まっていないのか……と思いつつ、途方に暮れましたが、データバックアップ作業中に故障したので、中のデータは何とか復元できました。不幸中の幸いでした。
もしデータバックアップをしていなかったらこうしてブログも書けなかったわけです。
iPhoneもdocomoの保障に入っていたので、無事に新しいものと交換することができました。
データ復旧ソフトと合わせると痛い出費でしたが……。
よく霊感の強い人の周囲では電子機器が壊れるといいますが、今回は寺社を巡る中でたくさん神様仏様の声を聞いたので、それも原因なのかなぁと思いました。

【紀行】2015.07.17~07.19 家族で京都旅行

2015.07.17~07.19の間、家族旅行としては初めて京都旅行に行ってきました。
特に妹にとっては初めての京都ということで定番コースを巡ってきました。
こちらのブログには昨年の奈良・京都旅行の京都編を載せ損ねたまま一年が経ってしまったので、一昨年・昨年とルートがかぶっている場所が多々あるのですが載せていきたいと思います。

まず1日目は台風の影響であいにくの雨。どこにも行けずに京都の旅館で京料理を味わいました。
2日目は南禅寺→永観堂→銀閣寺→平安神宮のルート。

11750615_1658103567745945_5051349934372407359_n.jpg

南禅寺には一昨年行ったのですが、今回初めて三門の上に登ることができました。中には宝冠釈迦座像を中心として様々な仏像が安置されています。門の上からの見晴らしも良く、すがすがしい気持ちになりました。

20103_1658103937745908_315344507430779446_n.jpg

続いて永観堂へ。一昨年前に訪ねてからというものの、今まで訪ねた京都のお寺でも一番好きになったお寺だったので、今回再訪が叶ってよかったです。

11752621_1658104391079196_1741274209966033984_n.jpg

11755865_1658104344412534_2136304881689777365_n.jpg

永観堂といえばこの木造の回廊。特にご本尊のみかえり阿弥陀像を拝観するまでの道のりが好きで、心落ち着きます。
みかえり阿弥陀像にお詣りすると、「よく来た」と声が聞こえました。仏様の声だったのでしょうか……。一昨年訪ねたときに「また来なさい」と聞こえたので再訪が叶ってよかったです。

10982611_1658109164412052_2773189967719254940_n.jpg

永観堂の御朱印。やっぱりこちらの御朱印は字体が美しくていいですよね。一昨年いただいた御朱印を見返してみるとほぼ同じの字体だったので書いていらっしゃる人が同じなのだと思います。

11781883_1658104707745831_4660132059699405264_n.jpg

11737976_1658104761079159_96624096162959088_n.jpg

さて、哲学の小道を歩きながら休憩ということで「よーじやカフェ 銀閣寺店」に行ってきました。夏の京都といえばやっぱり抹茶のかき氷ですよねぇ。一昨年も別の甘味処で食べたのですが、こちらは抹茶の渋みがよく利いていて甘すぎないところがよかったです。
かなりボリュームがあったので母はおなかをこわしてしまいましたが……。
元々は何に使われていた建物だったのか、庭はかなり凝ってました。入口からはそんなに広々として見えないんですが、入ってみるとお庭があってよーじやのお土産屋さんがあるという構造になっています。

11146513_1658104464412522_9032465692035780597_n.jpg

一休みしたところで銀閣を目指して歩いていると猫たちに出会いました。一昨年の京都旅行でもこの哲学の小道で猫を馴らしてるおじさんがいたなあ……と思い出したのでした。猫は京都によく似合いますね。

11745612_1658104827745819_3159189106922299304_n.jpg

11707331_1658104824412486_4243398930077903347_n.jpg

11751884_1658104964412472_5979136731387286404_n.jpg

銀閣寺へ。妹は小雨の降る中の銀閣寺を観たがっていましたが、残念ながら晴れていました。
銀閣寺の趣は何度来てもいいですね。人が多いのが玉に瑕ですが……まあ致し方ありません。
金閣寺もいいのですが、私としては銀閣寺の方が落ち着いた風情があって好きです。

11755099_1658109174412051_1117945047394866278_n.jpg

銀閣寺の御朱印。こちらもいただくのは二度目になります。

11174766_1658109461078689_4834426584623510028_n.jpg

銀閣寺の売店で妹と揃って母から念珠と念珠入れを買ってもらいました。紫は刀剣乱舞のへし切長谷部の藤色のイメージ、ピンクは宗三左文字のイメージで選びました。今回の京都旅行の私自身のお土産はこれと、建勲神社の御朱印帳だけでした。なかなかお土産をゆっくり見て回る時間がなかったのですよね……。我ながらちょっと渋すぎるお土産だとは思うのですけども。
彼氏と彼氏のご家族にはそれぞれ別のところでお土産を買いましたが。


11057235_1658105164412452_6750743425971444274_n.jpg

11218898_1658105221079113_8890698993280223542_n.jpg

11755787_1658105287745773_8024835592178390835_n.jpg


11057348_1658105717745730_6057807642177677529_n.jpg

11781717_1658105294412439_7514114580885143167_n.jpg

11707408_1658109167745385_6166588139227296267_n.jpg

さて最後に平安神宮へ。わりと新しい神社なので、そんなに期待はしていなかったのですが、平安神宮は今回初めて訪ねました。
とにかくお庭が広くて、中には源氏物語や枕草子に出てくる草花が植えられていました。父はお庭が見所だと云っていましたが、確かに一見の価値はあります。
ただ私はどうしても京都というと石庭のイメージが強かったので、緑豊かな庭園よりは石庭の方が好みだなぁと思ったのでした。
私の中で京都の神社といえばやっぱり八坂神社、上賀茂神社、下鴨神社、貴船神社なので次回京都を訪ねることがあれば、まだ訪ねていない上賀茂神社と貴船神社へ行ってみたいです。
プロフィール

夕星桔梗

Author:夕星桔梗
元日本古代史ゼミ所属。作家志望のアマチュア物書き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
Booklog
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。